最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

これやるとオバサン認定!40代がやりがちな痛いまつ毛3大メイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まつ毛のせいでおばさんぽさが加速してしまっている女性、たまにいらっしゃいます。

時短で華やかな顔を演出しようとすれば、まつ毛のパーツメイクは手っ取り早い方法ではあるけれど……。かえっておばさんぽさを出しているなんて、とってももったいない!

「まつ毛のせいでおば見えなんて、絶対に避けたいわ」と肝に銘じている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代をすこぶるおばさんぽく見せてしまうまつ毛メイクの3大NGをお話していきます。

その他の時短メイクのコツは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

1:つけまつ毛



盛り盛りのマツエクがおばさんぽさを加速させてしまうお話は、過去の記事「痛い若作りマツエクって?40代が“おばさん見え”するNGオーダーは( https://otonasalone.jp/36032/ )」で詳細にお伝えしましたが、似たようなNGに“つけまつ毛メイク”があります。

マスカラを塗る手間もなくマツエクサロンに行く必要もないので、“つけまつ毛”は時短で目元を華やかにする救世主的な存在。

しかし、バサバサの人工毛をまぶたにくっつけているだけで、“痛々しさ”や“やりすぎ感”が出やすく、本人の満足とはウラハラに一気におば見えが加速!です。

エイジングが出始めている肌にバサバサまつ毛を加えてしまうと、悪目立ちしかせず、滑稽な印象を与えやすいのです。

40代がつけまつ毛に頼るなら、ぜひ自然なデザインを選んで。

日常生活でつけまつ毛を使う40代はそこまで多くはないものの、結婚式などの華やかメイクでは、写真映えを狙って盛り盛りのデザインをセレクトしがちなのでご注意を。

2:まったくのナチュラルまつ毛




ナチュラルメイクが大流行中だけに、まつ毛も“素”で勝負したくなりますが、40代のナチュラルまつ毛メイクはおば見えを加速させます。

まつ毛もエイジングに伴って、毛が細くなってくるのが一般的。

ですので「なにもしない」「マスカラは塗らない。トリートメントだけ」だと、目元のインパクトに欠けてしまい、年齢以上に老けた印象を与えてしまいます。

アイシャドウやアイラインは塗っているのにまつ毛はノーメイクだと、アンバランスな仕上がりで目元の劣化を際立たせてしまう貧相なイメージにもなりがちです。

アイシャドウ・アイライン・まつ毛の3バランスが整ってこそ、メイクで若見えが狙えるのです。

3:バサバサの盛りまつ毛




トリートメントにマスカラ下地、さらにはボリュームタイプのマスカラ……と、完全武装のバサバサまつ毛もおば見えを加速させます。

若い頃にギャルメイクを楽しんだ40代ほどやりがちメイクでもあるのですが、40代の肌は誰しも若い頃よりエイジングが出始めているため、まつ毛だけが盛られているとかなり不自然に。

「張り切って若作りしてます」な雰囲気が強くなってしまい、かえっておばさんな印象を与えやすいのです。

しかも、ダマができていたりヒジキのように絡まっていたりすれば、その痛々しさはマックスに!

バサバサまつ毛って写真映えはしますので、「ここぞ!」な撮影をする日にはいいのかもしれませんが……。

今回は、40代をすこぶるおばさんに見せるまつ毛の3大NGをお話しました。

メイクは全体のバランスが整ってこそ、はじめて美しい仕上がりになります。

「まつ毛のせいでおばさん!」という悲しい事態を避けるべく、足し算と引き算、さらにはトータルバランスを考えたまつ毛メイクを楽しんでいきましょう。

外部リンク(OTONA SALONE)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス