最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ダニエル太郎はガスケに敗れるもベスト4 [シュチェチン・チャレンジャー]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ATPツアー下部大会の「Pekao シュチェチン・オープン」(ポーランド・シュチェチン/9月11~17日/賞金総額12.7万ユーロ/クレーコート)のシングルス準決勝で、ダニエル太郎(エイブル)は第1シードのリシャール・ガスケ(フランス)に4-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間50分。
 今大会に日本勢で唯一出場したダニエルは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のAdrian ANDRZEJCZUK(ポーランド)を6-2 6-4で、2回戦で第8シードのレンツォ・オリーボ(アルゼンチン)を7-5 7-5で、準々決勝では今大会でのダブルスパートナーでもあったビヨン・フラタンジェロ(アメリカ)を6-3 6-2で破って勝ち上がっていた。
※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)
◇   ◇   ◇
日本人選手の結果
【シングルス準決勝】
●13ダニエル太郎(エイブル)4-6 4-6 ○1リシャール・ガスケ(フランス)[1]
------------
【シングルス準々決勝】
○13ダニエル太郎(エイブル)6-3 6-2 ●10ビヨン・フラタンジェロ(アメリカ)
------------
【シングルス2回戦】
○13ダニエル太郎(エイブル)7-5 7-5 ●16レンツォ・オリーボ(アルゼンチン)[8]
------------
【シングルス1回戦】
○13ダニエル太郎(エイブル)6-2 6-4 ●14Adrian ANDRZEJCZUK(ポーランド)[WC]
------------
【ダブルス1回戦】
●11ダニエル太郎/ビヨン・フラタンジェロ(エイブル/アメリカ)4-6 6-4 [5-10] ○12アレクサンドル・ブリー/アンドレアス・シーエストロム(ベラルーシ/スウェーデン)[4]
(テニスマガジン/Tennis Magazine)
※写真はATPツアー下部大会の「Pekao シュチェチン・オープン」(ポーランド・シュチェチン)の準決勝で敗れたダニエル太郎(全仏オープンでのもの)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス