最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ライセンス藤原 自ら企画持ち込み小説家デビュー 又吉にライバル心「賞欲しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 お笑いコンビ「ライセンス」の藤原一裕(39)が17日、小説家デビュー作となる「遺産ゲーム」(KADOKAWA刊)の出版記念サイン会を都内の書店で開いた。

 コントとしてつくりながらライブなどで1回しか披露していないネタが90本ほどあり、「一生懸命考えたのに、消化できていない。何らかの形にしようと、文章になりそうなものを選んだ」という7編からなる連作短編集。自ら出版社に企画を持ち込み、2014年からコツコツと書きためて今月15日の発売にこぎつけたが、「まだ自分の中で違和感がある。本屋さんに見に行ったけれど実感が沸かない」と苦笑いだ。

 だが、執筆期間中に後輩の「ピース」の又吉直樹(37)が「火花」で芥川賞を受賞して大ベストセラーとなり、「あいつ、何してくれてんねんと思った」と正直な気持ちを吐露。それでも、「僕は違うところからスタートしているし、先生(又吉)のような純文学でもないけれど、何らかの賞は欲しい」とひそかな期待を口にした。

 印税の使い道については、「住宅ローンに充てたい。返済がけっこう残っているので」と現実的な見解。所属の吉本興業には発売が決まった今年3月になって報告したそうだが、「しっかり(印税を)お抜きになられます。相方(井本貴史)も、俺も抜かせてくれやと言うてくるかもしれない」と困惑顔だった。

外部リンク(スポニチアネックス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス