最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

元NMB48須藤凛々花、一連の発言謝罪「私は極悪人」「クズでごめんなさい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NMB48の須藤凛々花が16日深夜、ツイッターを更新し、自身の発言について「私は極悪人です」「クズでごめんなさい」と謝罪した。

6月17日に行われたAKB48選抜総選挙で突然、一般男性との結婚を発表し、8月30日にNMB48を卒業した須藤。総選挙での結婚宣言や、それに関する発言が波紋を呼んだが、卒業後初のテレビ出演となった14日放送の読売テレビ・日本テレビ系『ダウンタウンDX』では、総選挙での投票呼びかけを「アイドルとしては大事な仕事」「営業」と発言し、批判の声が続出した。

ツイッターでは「私は極悪人です。私は悪いアイドルでしたが、他のメンバーは違います」と書き出し、「私は自分の悪さを笑い話にする極悪人でした。他の人を悪く言えないのは、私以上に悪い人はいないからです。この発言や今までの私の発言によって傷つけてしまった優しい方々、本当にごめんなさい。全部本当に思って言ったことです。クズでごめんなさい」と謝罪。「たくさん痛い目を見て大人になっていきたいです。優しくなりたいです。優しい人になることを諦めたくないです。私の周りにいる人たちをみて、強くそう思います」とつづった。

そして、「アイドルとファンの方との関係は、茶髪にしたり、ピアスを開けたり、過去が流出したりしたことですぐ壊れてしまうものだと思っていました。そうでしたし、そうではありませんでした」と続け、「私はアイドルをさせて頂いた時間の中で、アイドルの世界の素晴らしさを知りました。そこには確かな絆がありました。そして同時に、私は人間としての自分の未熟さを痛感しました」と吐露。

「そんな私を好きだと言って下さった人たちがいたということは、今でも私の生きる希望です」とし、「時間がかかるかもしれませんが、時間をかけて、人間として成長していきたいです」と誓い、「こんなクズを好きでいて下さった方々は本当に優しい人です。私もそうなれるように頑張りたいです。同じようにできなくてごめんなさい」と締めくくった。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス