最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

渡辺満里奈が26年ぶりに生歌声を披露! 感涙の「マリーナの夏」!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


渡辺満里奈が26年ぶりに生歌を披露!往年ファンも集結!!


1986年10月に「深呼吸して」でデビュー、渡辺満里奈自身のセレクトによる30周年記念企画盤『MY FAVOURITE POP』が9月20日(水)に発売される。デビュー曲を筆頭に「ホワイトラビットからのメッセージ」「マリーナの夏」「ちいさな Breakin' my heart」「虹の少年」など、キャリアを代表するナンバーからアルバムやシングルのカップリングのみに収められていた隠れた名曲など、活動年数と同じ全「30」曲を収録。豪華ブックレットには、山本はるきち、山川恵津子、岸正之、上田知華、外間隆史、大江千里、鈴木祥子、佐野元春、小沢健二など豪華作家陣による名曲の数々を満里奈自身が解説するライナーノーツを掲載。初回生産限定盤は、野宮真貴とデュエットした最新録音曲や、大瀧詠一、小沢健二、Double K.O.Corporation等による提供曲の初商品化お宝音源など話題は目白押しだ。音楽アーティストとしても再び注目が集まるなか、渡辺満里奈がステージに立って歌声を披露した。

9月15日(金)夜、タワーレコード渋谷B1F CUTUP STUDIOで開催された“『エース2』『エースep』発売記念スペシャルDJパーティー ~金曜の夜何かが起こる~” スペシャル・オープニング・ゲストとして渡辺満里奈が登場した。7インチDJ小西康陽が“今クラブで回したい” ソニーミュージックの有名楽曲を1枚にコンパイルしたCD『エース2』『エース』の発売を記念したリリース・パーティー。『エース』に渡辺満里奈「バースデイ・ボーイ」が収録、またシリーズから派生したアナログにも収録されている渡辺満里奈がスペシャル・ゲストとして迎えられた。「渡辺満里奈が26年ぶりに生歌を披露!」という事前アナウンスもあって会場には往年ファンも集結。200人満員のオーディエンスが見守る中、オープニング・プレイする主宰DJ小西康陽に誘われるように渡辺満里奈がステージに登場した。3rdシングル「マリーナの夏」(1987年4月8日発売/オリコン初登場1位)のイントロが流れると会場は大歓声に包まれた。久しぶりのマイク歌唱とあってか、最初は少し照れながらも、30年前の夏を想起させるかのような胸キュンなメロディを懐かしい歌詞とたどっていく。サビの部分ではフロアから「まりなー!!」と往年のファンの掛け声も飛び出すと最初は少し照れくさそうなと笑顔を浮かべていたが、ホッとしたのだろうか手を振って応えていた。「今日は素敵なイベントにお招き頂きありがとうございました。<バースデイ・ボーイ>じゃなくて、<マリーナの夏>を歌っちゃいました。こんなふうに皆さんに応援してもらいながら今日は聴いてもらえると思っていなかったので、もう感激です。嬉しくて、懐かしくて涙が出そうになりました……」。深くお辞儀をして笑顔でステージをあとにした渡辺満里奈。大きな瞳にはキラリと光るものがあったようだ。

出演ニュースを観て応援に駆けつけたデビュー以来応援しているというファンKさん(47歳男性・埼玉県)は「<マリーナの夏>のイントロから感動しました。30年前と全然変わっていなかった。2017年の少し遅い<夏>の想い出になりました」と感涙の様子。このクラブイベントで始めて渡辺満里奈の歌声を体験したWさん(26歳女性・東京都)は「かわいかった~! 初めて聴いた曲でしたが気がついたら一緒に歌っていました」と興奮気味。往年のファンにとっても、クラブ世代のリスナーにとっても忘れられない夜となったようだ。

当日会場で行なわれたマスコミ取材からの本人発言をお届けしたい。
「夫と子供たちが外出している時に家でひとりで<マリーナの夏>をカラオケ練習していました。振付も想い出したくて動画サイトで“マリーナの夏”を歌う自分の映像を探したのですがそんなに簡単には見つからなかった(笑)。今後のライブ活動ですか? 望んでくれる方がいるなら考えてみようかな」

詳細は特設サイト→http://www.110107.com/30Marina

写真:島田香

外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス