最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

大谷翔平、MLB移籍の「本命球団」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「金じゃない、夢だ」と心を決めた若武者が挑む新たなステージ。それが困難であればあるほど、男は燃える!

■「金よりも夢」の決意でメジャーリーグへ! 日本ハムの大谷翔平(23)の去就に、世界中の関心が集まっている。「2013年のプロ入りから常に脚光を浴びてきた大谷ですが、今オフ、メジャー移籍が確定的となっています」(スポーツ紙記者)

球史に例のない投手と打者の“二刀流”選手の大谷は、高校生のときからメジャー志向を明言していた。にもかかわらず、ドラフトでは日本ハムが大谷を1位で指名。栗山英樹監督をはじめ球団首脳は、粘り強く交渉し、入団の承諾を取りつけた。「その交渉の過程で“プロ入り後5年でメジャー移籍を容認、というサイドペーパーが交わされた”という噂がささやかれていました。そして、16年オフの契約更改で、球団が“17年オフ以降のメジャー移籍は本人の意思を尊重する”と伝えたんです」(夕刊紙デスク)

■野球世界一決定戦WBCを辞退 この“移籍容認”発言が報じられるや、米国ではOHTANIフィーバーが発生。今季の大谷は、一挙手一投足を熱視されていた。「しかし、右足首の負傷でシーズン前のWBCを辞退し、4月8日の試合での左太ももの肉離れでリタイア。その後、復活までに長い時間を要しました」(前同)

結局、大谷が復活のマウンドに上がったのは、7月12日のことだった。そして8月31日、復帰2度目の登板となった札幌ドームには、米メジャー14球団22人のスタッフが集った、と報じられた。「中でもニューヨーク・ヤンキースは、編成最高責任者のキャッシュマンGMが来日。熱心に見守っていました」(民放局関係者)

イチロー松井秀喜も所属したヤンキースが本気! ヤンキースは長年、優勝から遠ざかり、チームの若返りと先発投手陣の強化が優先課題で、「大谷には本気、という姿勢を見せている。松井秀喜、黒田博樹、イチローなど日本人選手も所属し、その値打ちを知っているからね」(ベテラン記者)

松井らスーパースターと比べても、大谷の評価はズバ抜けて高い。今季の年俸は2億7000万円だが、「メジャー移籍に際しては、8年総額300億円という数字もささやかれた。12年のダルビッシュ有が6年総額で約46億円、13年の田中将大は7年総額で約161億円ですから、大谷の評価の高さが分かります」(前出のスポーツ紙記者)

しかし、その300億円は幻と消えた。「昨年末に結ばれたメジャーリーグでの新労使協定の影響です。海外新人選手との巨額契約に反発した選手会側の主張が通り、契約金額を最大で600万ドル(6億5000万円)まで抑える対象年齢が、従来の23歳未満から25歳未満まで引き上げられました。現在23歳の大谷は、もろに、その影響を受けるんです」(前出のデスク)

大谷が2年待って、25歳になってからメジャー移籍すれば莫大な金額で契約できる。しかし、大谷本人は「金額の問題ではない」とキッパリ。今オフでの移籍は揺るがないのだ。「金よりも夢、と、本人はもう決めています。これまでの移籍は、マネーゲームの面が大きかったんですが、今回の協定改定で上限が設けられたことで、本当に行きたい球団、という基準で決められるようになったのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

はたして、大谷の行き先はどこになるのか。前述の通り、ヤンキースが最右翼として挙がっているが、大リーグ研究家の福島良一氏は、気になる球団があるという。

■日本ハムと業務提携しているパドレスに不気味な動き「サンディエゴ・パドレスですね。同球団は、08年から日本ハムと業務提携しており、最近は2年続けて日ハムの春季キャンプ先になっています。また、パドレスは元日本人メジャーリーガーの野茂英雄氏や斎藤隆氏、中垣征一郎トレーニングコーチなどをヘッドハンティングしている。同球団のフロント・エーシー興梠氏は、ドジャース時代に大谷獲得に動いていた人物です」

さらに続けて、「31日に札幌ドームに来たメジャーのスカウトは、日本の報道では14球団でしたが、アメリカの報道では13球団。実はパドレスのスタッフは球場には顔を出していない。逆に不気味な動きですね」

大谷本人の意思は、どうなのだろうか。「周辺の声を集約すると“投手は勝ってナンボ。投手が有利なチームがいい”と漏らしているようだ」(前出のベテラン記者)

パドレスの本拠地、ペトコ・パークはその美しさで知られるが、実はパークファクターという指標で、全30球団中2番目に投手有利な球場となっている。「パドレスはナショナル・リーグ西地区に所属し、同地区でダルビッシュ、前田健太がいるロサンゼルス・ドジャースが直接のライバルです」(夕刊紙デスク)

■将来性は田中将大、ダルビッシュ有以上 敵は強大だが、前出の福島氏は太鼓判を押す。「大谷の将来性は、ダルや田中以上です。明らかに大谷の影響だと思いますが、メジャーでも二刀流を許容する流れが出てきて、今年6月のドラフトでシンシナティ・レッズが全体2位で指名したハンター・グリーンも投手兼遊撃手です。もし、大谷に打者としての評価が加われば、日本人最高の年俸を受け取ることも可能だと思いますね」

若武者の活躍が、歴史を塗り替える日が、早くも楽しみになってきた。


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス