最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

阿川佐和子、『陸王』で連ドラ初レギュラー「まさに青天の霹靂」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作家でエッセイストの阿川佐和子氏が、10月期のTBS系日曜劇場『陸王』(毎週日曜21:00~)に出演することがこのほど、わかった。連続ドラマ初レギュラー出演となる。

『半沢直樹』『下町ロケット』で知られる池井戸潤の最新作『陸王』をドラマ化。主人公で創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その長男・宮沢大地を山﨑賢人が演じる。

阿川が演じるのは、こはぜ屋の縫製課リーダー・正岡あけみ役。平均年齢60歳のこはぜ屋の縫製課を束ねる元気なおばちゃんで、感情表現が豊かでこはぜ屋のムードメーカーだ。長年培ってきた縫製技術はピカイチで、新規事業「陸王」のメンバーとして参加する。

阿川は「天下の池井戸ドラマから出演の依頼を受けるとは、まさに青天の霹靂」と驚きを表現し、「演技経験もないアガワのどこをご覧になって誰がこんなキャスティングを思いつかれたのかは謎ですが、台本を読み、現場にて台詞を発し、べテランの皆様の間で正岡あけみ像が徐々に明らかにされるにつれ、もしかして阿川佐和子の本質を見抜かれていたのではないかと思うようになりました」とコメント。

「こはぜ屋の作業場でヤス(安田利充)をどやしつける場面では、昔よく弟たちをどやしていた時と同じ感覚が蘇り、自分でも驚くほどのスカッと感! いま、私はこはぜ屋や宮沢社長、そこで懸命になって闘う作業場の全員とともに、大いなる人生の苦悩と達成感を同時に味わいつつあります。頑張れあけみ! 頑張る佐和子!」と自らを奮い立たせている。

また、こはぜ屋のライバルとなる大手スポーツメーカー「アトランティス」の営業部長・小原賢治役に、2002年放送の『木更津キャッツアイ』以来、15年ぶりのTBSドラマ出演となるピエール瀧、小原の部下・佐山淳司役にはTBSドラマ初出演となるお笑い芸人の小籔千豊が決定。カリスマシューフィッターと呼ばれるシューズ調整のプロ・村野尊彦役は、襲名後初のテレビ出演で、連続テレビドラマ初挑戦となる歌舞伎俳優・市川右團次が演じる。

そのほか、こはぜ屋の係長・安田利充に内村遥、こはぜ屋に出入りしている「椋鳩通運」の社員・江幡晃平役に、元ラグビー日本代表で現在は俳優として活動している天野義久。そして、宮沢の妻・美枝子役は、20年ぶりの民放連続ドラマ出演となり、1991年に放送の連続ドラマ『次男次女ひとりっ子物語』以来、26年ぶりのTBSドラマ出演となる檀ふみに決定した。

(C)TBS

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス