最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

40代キャリア女性の転職事情「85%以上が興味あり」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このまま、この会社にいていいのだろうか。もっと自分に合う仕事があるのでは......。

天職につけたという幸運な人をのぞいて、きっと誰もが1度はこんな疑問を抱くのではないかと思います。35歳からの転職は難しいともいわれるなかで、カフェグローブ読者は「転職」をどう考え、挑戦しているのか。その実態を聞きました。

自分の希望だけでは済まない、大人の転職

転職に関するアンケートに答えてくれた読者は463人。年齢層は41歳~45歳が全体の20.9%、46歳~50歳が11.6%と、40代からの声が多く寄せられました。

170913_career_6.jpg

■どんな理由で転職をしたくなりますか?(複数回答可)
1位 収入を増やしたいから(55.7%)
2位 今の仕事に不満だから(49.8%)
3位 キャリアアップのため(31.3%)
4位 パートナー・子育てなど家族とのバランス(30.4%)

170913_career_1_3.jpg

読者の声:
・大人の転職はキャリアアップ、自分の本心に忠実になるため、というイメージがあります。自分らしく生きるために、何に重点を置いていくかが問われるのではないのでしょうか?

・職場の人間関係、仕事や昇進への不満などで安易に転職するのは後悔のもと。年齢、キャリア、資格、収入、家庭の置かれている状況など、客観的、冷静に分析判断することがとても大切と思います。そして自分は何をしたいのか、いつまでに何を行動するのかなど、目標や行動計画を立ててみることで冷静になることができる。

・転職は家庭や子どものことなど自分の希望だけでは決められない

転職をしたくなるきっかけは、給与など収入面の不満がトップ。家庭とのバランスを配慮する一方で、仕事内容やキャリアップなど、職業人として充実したいという思いが「転職」を考えさせるようです。自分のキャリアを大切にする、カフェグローブ読者らしい回答かもしれません。

■転職活動に活用しているもの/活用したいものは?(複数回答可)
1位 転職サイト・エージェント(69.9%)
2位 ハローワーク(57.4%)
3位 友人・知人からの情報(39.9%)
4位 元上司・元同僚からの情報(14.9%)

読者の声:
・もっと前に大人の転職サイトを知っていたらと思います。今は年齢制限があるのでなかなか難しい。

・ハローワークや仲間の力を借りて、転職の準備とモチベーションの維持を続けることができた。

・できれば元同僚や知人の紹介などで、職場の雰囲気などをよく知った上で転職するのが理想。

転職活動の情報としては、転職サイトやハローワークを利用するケースが多いよう。エージェントに依頼したところ、想像以上に親身に相談にのってくれたという声もありました。直接的なコネだけでなく、転職サービスを利用して新しいジャンルに挑戦する人も多いのかもしれません。

転職でキャリアがゼロに!?

それでは転職活動するにあたって、どのような不安や悩みがあるのでしょうか。

■大人の転職で不安に感じることはありますか?(複数回答可)
1位 年齢制限(73%)
2位 求人が少ない(49%)
3位 職種が限られる(47.7%)
4位 正規雇用されない(37.5%)
5位 収入が下がる(37.3%)

170913_career_3.jpg

読者の声:
・いまだに日本では、女性は年齢が命。30歳を超えると、正規雇用での転職がしにくいのが現実。国が変えていかないといけないのではないか。

・給与は良いけれど非常に忙しかった会社を、出産を機に退職しました。ところが子育てが始まると、非正規雇用で以前と同じように働くことはできず、収入や待遇が悪くなり後悔しています。10年間も勤めていた経験が、次の会社で考慮されない今の仕組みがもどかしい。女性に多くの負担がかかる今の社会に合った転職選考にしてほしいと切に思います。

・専門職のため、これまでは転職にあまり苦労してきませんでしが、これからのことを考えると不安があります。キャリアを活かせてライフスタイルにも合った転職ができるように、サポートしてくれるサービスがあるといい。

「年齢制限」への不安がダントツに。実際に、求人情報に年齢制限なしと書いてあっても30代までを希望していたり、若年齢層の雇用を優先していたりするケースはよくあります。収入ダウンや非正規雇用となる可能性を視野に入れても、やりがいやワークライフバランスを求めて転職活動をするかどうか。かなりの覚悟が必要とされます。

■大人の転職で必要不可欠に思うことはなんですか?(複数回答可)
1位 キャリア・経験(76%)
2位 協調性(52%)
3位 資格(45%)
4位 専門領域の知識(42%)
5位 家族の協力(35.2%)

読者の声:
7年前まで外資系企業に勤務していた際、数年ごとに転職し、キャリアアップを図ってきた。新しい勤務先では、まず最初の3か月が重要。必要な人間であることを組織、周囲などに認識させ、一定期間で実績を出す。肝に銘じていたことは、現状に対する曖昧な不満で移ることはしない、ということ。

40代からの転職で収入アップを狙うなら、やはりキャリアと経験は不可欠。会社への忠誠心や帰属意識をウリにできない分、即戦力を求められるのは当然です。けれど、そうした能力的な部分だけでなく「協調性」の必要性を実感している人が多いのは面白いところ。家族のアシストも、ここぞというときの頑張りには欠かせません。

■ズバリ、いま転職中ですか?
1位 転職は考えていないが、興味はある(43%)
2位 転職を考えている(30%)
3位 転職活動中(13%)

読者の声:
・今まで2回転職しましたが、すべて結果的には年収を上げることができました。するかしないかもありますが、常に転職を意識しておくことでスキルアップやモチベーションの維持ができると思います。

・世の中全体が、年齢がいってからの転職は難しいという情報を発信しているような部分がある。年齢がいっていからの転職の成功例がもっと発信され、いろんな意味で世の中が変わっていけばいいのにな、と思います。

これは驚きの調査結果。転職を考えている人と、転職活動中の人を合計すると42.1%。1位の「転職は考えていないが、興味はある」という人と、ほぼ同じ割合となりました。転職に興味があるという括りでまとめるなら、85%以上の人が当てはまることになります。

今の仕事を辞めて転職するべきか、とどまるべきか――。

フェイスブックの元重役は、仕事を辞めるべきかと悩む人に「OK。まず、あなたがどういう人で、本当は何がしたいのかをしっかり理解することから始めましょう」とアドバイスしていました。

自分は本当は何がしたいのか。それを考え続けてきたことは、きっと成熟した女性のアドバンテージになるはず。大人の転職成功体験や秘訣を、もっともっとシェアしたい! そこから、女性の新しい働き方が見つかるかもしれません。

photo by Getty Images


外部リンク(カフェグローブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス