最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

元乃木坂46伊藤寧々、恐怖の撮影を明かす<劇場版ほんとうにあった怖い話2017>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【伊藤寧々/モデルプレス=9月17日】元乃木坂46の伊藤寧々が16日、都内で行われた映画「劇場版ほんとうにあった怖い話2017」の初日舞台挨拶に、出演者の小倉優香、船崎良、奥咲姫、吉川茉優、メガホンをとった鳥居康剛監督とともに登壇した。

◆伊藤寧々、恐怖の撮影を振り返る



同作は、投稿された心霊体験をもとに映像化した人気ホラー「ほんとうにあった怖い話」シリーズの2017年劇場版で、若手ホラー監督の鳥居氏が、3話の恐怖エピソードを映像化したオムニバスホラー作品。

第1話『進学校のカイダン』に主演する伊藤は、役を演じてみての感想を尋ねられると、「役的にはごく普通の女の子と監督から聞いていて、規律とかルールを守るようなイメージだったので、気弱な感じを出しながら頑張りました」と回答。

撮影時のエピソードを聞かれると「進学校なので、学校で撮影があったんですけど、それが山奥の廃校になっている中学校で、そこで夜に撮影だったので、すごく怖かったです」と振り返った。

「監督が『ここ本当に出るから』って言うのが本当に怖くて、ホラーが苦手なので、何かを見ないように気を張っていました」と打ち明け、「(リアルに怖がっている感じが)出ていると思うので、注目してください」とアピールした。

◆小倉優香、不安を明かす



第2話『隣の男』に主演する小倉は、まだ同作を見ていないそうだが「台本をいただいたときに、この短い台本の中で、怖さとか、役をどれだけ伝えられるかというのが不安だったんですけど、監督含め、スタッフの皆さんのおかげで形にすることができて、どうなっているか楽しみなので、早くみたいと思っています」と声を弾ませた。

さらに「『隣の男』は、“思い込みは良くないよ”というメッセージが含まれていると私は思っているので、そこを重点的に見ていただきたいなと思います」とポイントを紹介した。

なお、第3話『顔を見るな』の主演は船崎が務める。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス