最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

オフィス女子が、合コンで「やってはいけない」コーデ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々働いていると、なかなか男性との出会いは無いものですよね。

異性に出会うための選択肢として「合コンに行こうかな…」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし社会人男性との合コン、どんな格好で参加すればいいのでしょう?

有名なメラビアンの法則によると、人は第一印象の55%が“視覚“で決まると言われ、感じの良し・悪しはたったの3秒で判断されるとも言われています。となると、服装には気を付けたいもの。特に、会社帰りの合コンの場合、オフィスでもおかしくなく、かつ合コン受けも良いコーデにする必要があります。

今回は、「これは避けた方が良い!」と思われるNGコーデと、アイテムを変えるだけで、一気に【キレイめオフィス女子】感が出るOKコーデを、Before→After形式でまとめました。

f:id:rikunabinext:20170914162847j:plain

【mpnp170】

f:id:rikunabinext:20170914163030j:plain

東京在住、身長171cm、29才会社員です。私服通勤OLの着回しプチプラコーデをインスタグラムに記録しています。
Instagram: https://www.instagram.com/mpnp170/?hl=ja

パンツを着用するならカジュアルすぎるものはNG!

合コンといえば王道アイテムはスカートですが、社会人男性の中にはパンツスタイルを好む方も多くいらっしゃいます。

とはいえ、カジュアルすぎるパンツスタイルは、社会人男性との合コンでは避けた方が無難。女子会や休日のデートなどで着用するのは良いのですが、好き・嫌いが分かれるアイテムでもあり、初対面となる合コンには不向きなアイテム。そもそも、平日のオフィスシーンにも合いません。

【NGアイテム】

◆ダメージ感がありすぎるデニム
◆デニムワイドパンツ

【NG例】

ダメージ感がありすぎるデニム

男性によっては、ダメージ感を好まない方も。

【OK例】

OK例

パンツスタイルにするならば、ダメージ無しのものを選びましょう。

【NG例】

デニムワイドパンツ

流行のデニムワイドパンツも、好き嫌いが分かれるアイテムです。

【OK例】

OK例

スキニーパンツはスタイルをよく見せてくれるアイテムの一つでもあります。

くるぶしを見せるのもポイント。スカートよりも女性らしさが欠けると思われがちなパンツスタイルも、くるぶしを見せることで、女性ならではの華奢さがプラスされます。社会人男性との合コンでは有効なアイテムです。
2.露出が多い服装はNG!

男性は露出が多い服装が好きだと思っているとすれば、それは大きな間違いであり、露出が多い女性=軽い女性 とみられてしまう可能性が高いです。特にオフィス女子に対しては「下品」と思われてしまうことも。

第一印象を良くするには、【適度な露出】が一番です。

【NGアイテム】

◆胸元、背中が大きく開いたトップス
◆ミニスカート、ショートパンツなど、極端に足が出るもの

【NG例】

胸元、背中が大きく開いたトップス<

流行のオフショルダーも大きく開きすぎているものは露出が多いため、初対面となる合コンの場では避けた方が良いでしょう。

【OK例】

OK例

トップスを変えるだけで清楚な印象になります。少し鎖骨が見える位のトップスはデコルテを綺麗に見せてくれるアイテムであり、かつ女性らしさを感じさせる、合コン向きのアイテムです。

【NG例】

ミニスカート、ショートパンツなど、極端に足が出るもの

足が出すぎる短いスカートは、刺激的ではありますが、やりすぎ感が出ていると思われる可能性があるため避けた方が良いでしょう。また、派手な柄も同様の理由でおすすめできません。

【OK例】

OK例

膝丈、または膝が少し出るくらいがきれいめ女子を演出できます。

可愛い印象のフレアスカートよりは、程よいタイトスカートや、シンプルなスカートが社会人男性からのウケは良いです。クラシックなチェック柄は、華やかさを出しつつもトラッドな雰囲気があり、男性受けも良いでしょう。
3.暗い色・派手すぎる色で統一したコーディネートはNG!

普段、全身黒やグレーで出勤していらっしゃる方も、派手な色や柄物を着用している方も、どちらも合コンの日は着用を避けましょう。黒で全身を固めてしまうと、少し地味な印象や近寄りがたい印象を与えてしまいます。全身ショッキングピンクや、全身真っ白などのコーディネートも、好き・嫌いが分かれるため、避けた方が無難です。

また、派手な柄物は老けた印象や前述したようなやりすぎ感が出てしまう可能性もあり、合コンには不向きです。

【NGアイテム】

◆全身真っ黒のコーディネート
◆全身ショッキングピンクなど派手色のコーディネート

【NG例】

全身真っ黒のコーディネート

黒一色でスタイリッシュではありますが、暗くて近寄りがたい印象に…。

【OK例】

OK例

明るい色ばかりは抵抗がある…、そんな場合はどこか1アイテムにパステルカラーを取り入れて、他はモノトーンで揃えてみましょう。ぐっと明るく近づきやすい印象になります。
4.カジュアルすぎるアウターはNG!

折角トップスやボトムをまとめても、アウター次第でカジュアルダウンしてしまうことも。アウターにも【キレイめオフィス女子】感を意識したコーディネートをしましょう。

特にスポーツメーカーのダウンやライダースジャケット、今流行りの刺繍が施されたコート等は好みが分かれるため、初対面の場合は避けた方が良いでしょう。

【NGアイテム】

◆スポーティーなダウンジャケット
◆カジュアル色の強い柄や形のコート

【NG例】

ライダースジャケット

ライダースは、シルエットはキレイではあるものの、男性の好みが分かれるアイテム。

【OK例】

ロングコートやチェスターコート+ニット

ロングコートやチェスターコート+ニットなどは定番。スタイルアップにもつながるアイテムです。

【OK例】

ツイード生地やショート丈のコート

ツイード生地やショート丈のコートも女性らしさがあり、合コン向きです。

なお、ダウンジャケットでも、丈がロングなものやツヤ感があるものなど、デザインによっては【キレイめオフィス女子】感が出るアイテムもあります。ぜひチェックしてみてください。
5.カジュアルすぎ・ヒールが高すぎるシューズはNG!

勤務先がオフィスカジュアルOKである場合、カジュアルなシューズで出勤している方もいらっしゃると思います。しかし、合コンの日は避けた方が良いでしょう。

また、高すぎるヒールは安全性に欠ける上、キツめな印象を与えることも。さらに、参加男性全員が長身とは限らないため、「男性陣より自分の方が背が高くなってしまった…!」なんてこともあり得ますので、避けた方が無難です。

【NGアイテム】

◆カジュアルダウンしてしまうムートンブーツやエンジニアブーツ
◆高すぎるヒールの靴

【NG例】

カジュアルダウンしてしまうムートンブーツやエンジニアブーツ

社会人男性との合コンでカジュアルシューズの着用は【キレイめオフィス女子】感がダウンしてしまうので、控えた方が良いでしょう。

【OK例】

OK例_程よいヒール高

程よいヒール(~7cm位まで)でスタイルアップしながら、美脚効果が期待できるパンプスやブーティー等が良いでしょう。

また当然ながら、ゴムが削れていたり、表面が剥げている、汚れているパンプスはNGです。
ポイントは「清潔感」「品」「可愛らしさ」

合コンを台無しにしないコーデのポイントは、清潔感と品の良さ、そして可愛らしさです。洋服のシミやシワ、ホコリなどはもちろんのこと、下記のような点にも注意しておきましょう。

【ヘアスタイル】
きめすぎるときつい印象になることも。ゆるふわに巻いたりまとめると◎。

【メイク】
濃すぎるファンデやアイメイクは避けて。ナチュラルさや透明感を重視しましょう。

【バッグ】
引いてしまう男性もいるため、ハイブランドは避けましょう。使い込んだボロボロのバッグもNGです。
可愛らしさを重視するなら小ぶりなバッグがおすすめ。荷物置き場が無いときにも場所を取りません。

【アクセサリー】
上品さ、清純さを演出するならシンプルなものや小ぶりなものが良いでしょう。派手なアクセや大ぶりなものは避けておくのが無難です。

服装でその日の合コンの全てが決まるわけではありませんが、人は無意識に第一印象によって相手との距離を調整してしまうものです。

あなたらしく、かつ場の雰囲気に合わせた【キレイめオフィス女子】スタイルで合コンに参加して、ぜひとも素敵な出会いをGETしてくださいね。

外部リンク(リクナビNEXTジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス