最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「練馬アニメカーニバル2017」で「この世界の片隅に」「昭和元禄落語心中」トークショー開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 10月14、15日に練馬駅北口周辺で行われる「練馬アニメカーニバル2017」の参加コンテンツが発表された。

14日午前11時からは、練馬文化センター大ホールで、テレビアニメ「昭和元禄落語心中」の原作者・雲田はるこ氏と、有楽亭八雲役の石田彰、落語家の立川志らく、立川志ら乃らが出演する「『昭和元禄落語心中』落語とマンガとアニメと。」ステージが行われる。トークショーのほか、アニメ「昭和元禄落語心中」から厳選した1話の上映や、立川流真打・立川志ら乃による落語も披露。同じく午後4時からは、公開約1年を記念して「映画『この世界の片隅に』大ヒット感謝祭」を開催。練馬区内にある日本大学芸術学部の出身で、現在も同校で講師を務める片渕須直監督、黒村径子役の尾身美詞、真木太郎プロデューサーを招き、トークショーを行う。

15日午後1時からは、練馬文化センター小ホールで「神谷明と大地丙太郎の勝手にプロジェクト」が行われる。声優の神谷明と、「フルーツバスケット」「信長の忍び」を手がけた大地丙太郎監督が登壇。「神谷明+大地丙太郎 かってに新番組プロジェクト」第1弾作品「ロボットくノ一女かげちゃん」のPVを上映し、プロジェクトの立上げ動機やPV制作秘話、今後の展望などを語る。いずれのステージイベントも入場は無料、公式サイトで10月1日まで事前の観覧申し込みを受け付けている。

そのほか14日には、アニメビジネス専門誌「アニメビジエンス」によるシンポジウムや、3年ぶりの練馬アニメカーニバル参加となるジャズユニット「ALL THAT JAZZ」によるアニメJAZZライブ、15日には、「タツノコプロ55周年記念祭 スペシャルステージ」や、アニメ・特撮研究家の氷川竜介氏と、アニメ史研究家の原口正宏氏が練馬区在住のクリエイターについて語る「練馬にいた!アニメの巨人たち LIVE」、テレビアニメ「薄桜鬼」「薄桜鬼 碧血録」のオープニング主題歌を歌った吉岡亜衣加によるライブステージなどが、練馬駅周辺の各会場で開催される。

外部リンク(アニメハック)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス