最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

遊びのつもりだったけど…!「男が告白を決めた」女の言動4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分は本気だったのに、相手は遊びだった……」こんな恋愛は、苦い思い出になってしまいますよね。でも、最初は遊びのつもりでも、相手の言動ひとつで本気になっちゃうことがあるよう。今回は、「遊びのつもりで付き合っていた相手に、気付いたら本気になっていた」という男性にお話を聞いてみました。今は遊びの恋だったとしても、あなたの持っていき方次第で本気の恋に発展するかも!?

1:「○○君のためなら何でもするよ!」


「結構軽い感じの子だったから、こっちが遊びでも大丈夫でしょって思って、適当に遊んでたんですけど。ある時、俺が軽い事故を起こしたときに連絡したら“大丈夫? 今どこ? 何か私にできることある? ○○君のためなら何でもするよ!”って即、返事が返ってきて。本気で付き合おうって思いました」(Hさん/26歳)

--事故は大丈夫だったんですか?

「ちょっと脚にヒビ入っちゃって、しばらく松葉杖でした。そしたら彼女、本当に買い物とか、色々俺の身の回りの世話をしてくれて。遊びで終わらせなくてよかったーって思いましたね」

そりゃあ、好きな人が松葉杖とかになれば、なんでもしてあげないと!って思いますよね。彼の心に彼女の本気が届いてよかったです。

2:インフルエンザで倒れたときに……


「本気で恋愛するのとか、超苦手で。だいたい、いつも複数掛け持ちで、付き合ってるのか付き合ってないのかって女がいるんですけど。それで、以前、インフルエンザにかかったとき、3人の女に同時に連絡したんですよ。

そしたらひとりがすぐにかけつけてくれて、ずっと看病してくれたんです。あぁ、こいつにはちゃんとしてやんなきゃなって思いましたね」(Tさん/29歳)

--それ、3人かけつけてたら修羅場になってたんじゃ……。

「ないない。もともと、誰も来るなんて予想してなかったし。案の定、他のふたりは“大変だねぇ”っていう返信だけで、別に看病とか来なかったし。やっぱり、ピンチの時に人の本性って表れるんですね」

好きな人の看病をできるのって、彼女の特権でもあります。だから、ちょっと嬉しかったりしますよね。そして彼のインフルが伝染って、今度は逆看病なんていうのも、また一興(笑)。

3:「そっちは遊びでも、こっちは本気だから」


「付き合ってるのかどうか微妙……っていう状態で、ふたりで食事とか行って、エッチもしてたんです。俺は告白とか面倒だし、付き合うのも面倒だから、できればそのままの関係の方が楽だったんですけど。ある日エッチのあとに、“そっちは遊びでも、こっちは本気だから”ってポロッって言われて」(Iさん/27歳)

--それで本気に?

「そうですね。遊びだってわかって言ってるんだろうな、っていうのが伝わってきて。男として、こんな寂しそうな女を適当にあしらうのは失礼だろって思って。その場で告白しました」

その場で告白! きっと彼女さんはすごく嬉しかったことでしょう。

「遊ばれているとわかっていても本気だから……」ちょっと、言うのに勇気がいりそうなセリフですね。

4:「人生、一度きりだからさ……」


「当時、別の彼女がいて。比較的自由に遊ばせてくれる子だったんです。それはそれで居心地がよかったのですが、遊びのつもりだった子に“やられた一言”があります。それは、“人生、一度きりだから……”というひと言。ゾワっと、血の気が引くくらい、心に響きました」(Kさん/33歳)

ーーえ? よく聞くセリフだと思うのですが……。どういうシチュエーションで?

「終わったあと、ベッドで煙草を吸いながら、“いつもこんなことしてんの?”と、軽く聞いたときです。

“人生、一度きり”。僕もそう考えて、遊びまくってて、それを許してくれる彼女と付き合っていたわけですが、刺激を感じなくて……。でも、同じ気持ちの子とならば、どこかへ突っ走れる気がしたのです」

彼女と別れて、同じ“遊び人タイプ”の女性と付き合ったというKさん。最後に「イイ男はイイ女と悪いことをする。悪い男は悪い女とイイことをする」……という謎のセリフを残して去って行きました。

相手から遊ばれているかも、とわかったら、あなたならどうしますか? 遊びなんて絶対嫌だから、ハッキリさせたいという人も多そうです。でも、ハッキリさせようとして失敗したら……と考えるとちょっと怖くもあり。

そんな時は、自分の本気を相手に知ってもらえるような行動をしてみるといいかもしれません。遊びが本気になることも、結構あるみたいですよ!

外部リンク(Menjoy!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス