最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

世界一高齢とされるイギリスの32歳の猫、旅立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「猫に九生あり」ということわざがあるが、このほど32年生きたとみられる英北東部タインサイドに住む猫があの世へ旅立った。飼い主の老夫婦は悲しみに暮れているという。『Mirror』『Metro』など複数のメディアが伝えた。

タインサイドのブレイドンに暮らすイアン・フィンレイさん(67歳)と妻リズさんは27年前の1990年、自宅庭に1匹の猫がいるのを見つけた。

首にひどい膿瘍ができていたその猫をイアンさんとリズさんは食べ物で手なずけ、慈善団体「Cats Protection」へ連れて行った。獣医により、歯の状態からみて少なくとも5歳にはなっているだろうとされるこの猫を「ナツメグ」と名付けて飼うことに決めた。子供のいない夫婦はすでに「スパイス」という名の猫を飼っていたが、この猫は2000年を少し過ぎた頃に他界した。

ナツメグは、長きにわたり老夫婦の家族の一員として暮らしてきた。しかし2015年に心臓発作を起こして以来治療を受けており、一時は体調が回復したものの、8月に呼吸困難を伴う病を患い心不全に陥ってしまった。ニューカッスルの獣医院に連れて行かれたナツメグはもはや手の施しようがなく、イアンさんとリズさんはナツメグを安楽死させるという苦渋の決断を強いられなければならなかった。

9月初旬、ナツメグは推定32歳の生涯を閉じた。猫の平均寿命は15歳と言われるがナツメグはその倍以上も生き、人間の年齢でいうならば100歳を軽く超えていたことになるという。歯は3本しかなく、外に出るだけの体力がないほど高齢だったナツメグだが、イアンさんとリズさんにとってはいつまでも愛する息子のようだったに違いない。夫婦は現在も深い悲しみに包まれており、イアンさんはこのように心境を語っている。

「私たちはナツメグを猫としてではなく、私たち同様人間として一緒に暮らしてきました。それがナツメグを長生きさせた秘訣だったのかも知れません。私たちはナツメグをそれはもう可愛がってきました。できればもう少し長く一緒にいたかったのですが、じゅうぶん愛されて長生きしたと思います。特に妻になついていたことから、妻は心が引き裂かれたような思いをしています。私もナツメグが旅立って以来、心に大きな穴があいたように感じています。ナツメグの死後、予約してあった旅行に出かけましたが、ナツメグを亡くした悲しみは到底癒えることはありませんでした。ナツメグは私たちの心の中にずっと生き続けることでしょう。」

このニュースを知った人からは「このご夫婦はペットをとても大切にされてきたんだね。だからこそ猫もこんなに長生きできたのよ」「発見された時に5歳以上だった可能性もあるわけだから、そう思うとものすごく長生きしたね」「私の猫も19歳で亡くなったけど、悲しみは半端なかった。気持ちはわかるよ」「安らかに眠ってね」といった声があがっている。

なお、ギネス世界記録に登録された「最も長生きした猫」は米テキサス州の「クリームパフ」で、1967年8月3日から2005年8月6日まで38年と3日生きたという。

画像は『Mirror 2017年9月14日付「The world's oldest cat has died - but the puss reached an incredible age」(Image: Newcastle Chronicle)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス