最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

水原希子、妻夫木聡を「スウィートボーイ」と命名 「子犬のような笑顔を見せてくれた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の妻夫木聡、水原希子、大根仁監督が登壇した。

本作は、奥田民生に憧れる35歳の編集者コーロキ(妻夫木)と、周りの男を狂わせる超美人なファッションプレスの女性あかり(水原)との騒動を描いたラブコメディー。

企画の段階から本作に携わってきた妻夫木は、初日を迎え「緊張しますね。これでヒットしなかったら東宝さんは2度と一緒にお仕事してくれないんじゃないかな」と危機感たっぷりにあいさつ。

それでも、大の広島カープファンで知られる奥田民生にちなみ「民生先輩も家でカープの優勝を願っているはず。カープに便乗して、この映画もヒットできれば」と期待を口にした。

一方、セクシーな衣装で登場した水原は「昨夜も全然眠れなかったのですが、気合を入れるためにこの格好で来ました。朝からちょっと刺激が強過ぎたかな」と笑顔であいさつ。

妻夫木が「これ私服らしいですよ」と驚いたように明かすと、水原は「普通の服を持ってないんですよ。一応、ジャケットは持っていたのですが、きょうは初日なので、ドーンと行こうと思って」と語った。

撮影からプロモーション活動まで共に活動してきた2人。妻夫木の印象を尋ねられた水原は「すごい気を使わせない人」とした上で「でも子犬のような笑顔を見せてくれる瞬間がたくさんあって。すごくリラックスできる方なので、本当にありがたかった。かわいくてかっこいいお兄ちゃんです」と述べ「スウィートボーイ!」と命名した。

一方、妻夫木は、水原を「とってもポジティブガール」と評価。「一緒にいる人たちまで巻き込んで幸せな気分にさせてくれる人。落ち込んでいる時は、水原希子を呼べば大体、皆元気になれます」と太鼓判を押した。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス