最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“とってもポジティブガール”水原希子の過激ファッションに、妻夫木聡が狂わされる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『モテキ』(11)『バクマン。』(15)の大根仁監督が渋谷直角の同名コミックを映画化した『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の初日舞台挨拶が9月16日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、妻夫木聡と水原希子、大根監督が登壇。露出多めの衣装で登場した水原希子に、妻夫木聡と大根仁監督のふたりは目のやり場に困りながらも、作品の雰囲気と同じようにポップで愉快なトークを展開。初めてタッグを組んだ互いの印象などを語りあった。

本作は、うだつの上がらない雑誌編集者の男が、美人で魔性のヒロインに振り回されるラブコメディ映画。奥田民生のような“力まないカッコいい大人”に憧れる主人公コーロキ(妻夫木聡)は、おしゃれ雑誌の編集部に異動し、悪戦苦闘の日々。そんな中、ファッションプレスの天海あかり(水原希子)に一目惚れをし、彼女に釣り合う男になろうと必死になるが、次第に身も心も消耗していってしまう。

劇中で主人公が憧れ、また多くの楽曲が使われている人気シンガーの奥田民生。奥田といえば広島東洋カープの大ファンとして知られており、妻夫木もCMで選手と共演してからカープファンになったという繋がりがある。さらに、ちょうどカープはこの日優勝がかかった試合に臨むという縁の深さ。「ユニフォーム着てこようと思ったんですけど忘れてしまいました」と切なそうに語る妻夫木は、「カープに便乗してこの映画もヒットできればいいかなと思ってます」と笑顔を見せた。

自身も奥田民生の大ファンである妻夫木は、原作を読んで惚れ込み、映画化の企画から携わってきた本作について「もしこれでヒットしなかったら、と危機感を感じています」と緊張感たっぷりの生々しいコメントで笑いを誘う。それをときほぐすように、傍の水原からは「だいじょうぶ!」とエールが送られると、和やかな表情を取り戻した。

大根監督については、「あんまり演出受けてない」とぼやきながら「踊ってということと『マイ・バック・ページ』(11)みたいに泣いて、という2点しか演出されなかった。人の演出をパクろうとしてましたね」と裏話を披露する妻夫木に「やめて、やめて」と焦りを見せる大根監督。それでも、そんな大根監督の演出の手腕を「本当にクレバーな人です」と褒めてまとめた。

撮影現場からプロモーションまで一緒に行動した妻夫木のことを「子犬のような、優しくてかっこよくて可愛いお兄ちゃんみたい」と表現した水原は、タイトルの「〇〇ボーイ」にちなんで妻夫木を「スイートボーイ」と形容。一方で妻夫木は、水原のことを「とってもポジティブガール」と形容し「落ち込んでる時に呼べば大体元気になります」とPRした。

また大根監督は、素の2人を撮るなら「主役オーラがないボーイと来世狂わされたいガール」と形容。妻夫木から「あなたの願望じゃないですか!」とツッコミを入れられた。妻夫木のことを「どんな役でもやれる普通さが、怖くなるぐらい素晴らしい。日本ではそうそういないタイプ」だと褒めちぎり、「希子ちゃんには、生まれ変わったら狂わされたい。来世はよろしくお願いします」と、完全に水原の魅力の虜になってしまったようだ。

サプライズで水原から花束が渡された妻夫木は「(会場のBGMで)泣けって感じの音楽が鳴ってますが、泣きませんよ」と照れ隠し。さらに奥田民生のサイン入りのギターが送られると「こんなに宣伝費ありましたっけ」と鋭いツッコミを入れながらも、嬉しさを抑えきれない様子だった。【取材・文/久保田和馬】

https://news.walkerplus.com/article/121724/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス