最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

4人の“トット”が勢ぞろいで徹子も大感激!「4人も揃うなんて初めて」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月2日にテレビ朝日系ほかでスタートする帯ドラマ劇場の2作目「トットちゃん!」の制作発表記者会見が行われ、原案の黒柳徹子や脚本を手掛ける大石静、主演の清野菜名ら出演者が勢ぞろいした。

同ドラマは昭和の激動の時代を生き抜いた黒柳徹子の家族と愛の物語。また、これまで映像化されていなかった「窓ぎわのトットちゃん」からもエピソードを抜粋し、NHKのテレビ女優・一期生として活躍した頃や、初めて明かされる国境を超えた恋など、黒柳の半生を涙と笑いで紡いでいく。

会場に入ると、メイン司会を担当する黒柳徹子のアンドロイド“totto”がお出迎え。黒柳の口調や仕草も見せながら、完璧な受け答えを披露する“totto”に出演者が思わず釘付けになってしまう一幕も。

会見では、黒柳を演じる清野、黒柳の子ども時代を演じる豊嶋花も、黒柳のトレードマークである“タマネギヘア”を披露。さらに、“totto”も含めて4人が“タマネギヘア”ということになり、黒柳は、「4人も揃うなんて初めてだと思うわ。皆さんがこの髪型を見慣れちゃうんじゃないかしら」と貴重なシーンに驚いていた。

さらに、清野の着用している衣装は黒柳が実際に着用したもので、「カッコいい衣装です! サイズもピッタリなんです」とうれしそうにコメント。そして、「徹子さんがテレビ画面を通して皆さまにお伝えしている楽しさや笑顔を、私もこのドラマで伝えていきたいと思っています」と改めて意気込みを語った。

また、幼少期の徹子を演じた豊嶋は、「最初は緊張と不安しかなかったのですが、撮影が始まったらすごく楽しかったです。すごく体を使って表現する役だったので、踊る、歌う、をずっとやっていました(笑)」と撮影の様子を明かしてくれた。

そんな豊嶋の様子をそばで見ていた、黒柳の母・黒柳朝を演じる松下奈緒は、「豊嶋花ちゃんと一緒のシーンが多かったのですが、子ども時代の徹子さんはとにかく、よく笑い、よく歌い、よく走り回るお子さん。撮影をしながら、花ちゃんは“徹子さんそのまんま”だな、と日々感じていました」と、笑顔で撮影を振り返った。

一方、父・守綱を演じる山本耕史は、「「僕がいなくなったら君は誰かと恋をしてもいいよ」というのが、現代の優しさだと思うのですが、守綱さんは『君は僕がいなくなっても誰とも恋をするなよ』ということを自信を持って言うんです。それはそれで守綱さんの愛情の深さを感じて、シビれますね。芸術家らしさ、男らしさを感じて、演じていてとても気持ちがいいです!」と、守綱の愛の表現を日々体感し、影響を強く受けているようだ。

そんな中、黒柳が会見中に何度も「会えてうれしい」と語ったのが、トモエ学園校長・小林宗作を演じた竹中直人。「最高な現場で、子どもたちと過ごした時間が本当に楽しかった」と目じりを下げて話す竹中を見ると、黒柳も「小林先生に本当にそっくり」とニッコリ。黒柳は、「もう会えると思ってなかったのに、ここにきて小林先生にお会いすることができて懐かしい気分です!」と大喜びだった。

そして、黒柳は「このドラマは私の人生そのものですが、いろいろな方が出ていらして大変面白いドラマ。『徹子の部屋』の後に続いて『トットちゃん!』の放送です。涙あり、笑いあり、楽しいドラマですので、楽しみにしていただけたら」とアピールした。

ほか、小澤征悦、高岡早紀、八木亜希子も出席した。

https://news.walkerplus.com/article/121727/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス