最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

黒沢清監督、長澤まさみに「最初はおびえていた」 煮え切らない返事で誤解を招く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『散歩する侵略者』スペシャルトークイベントが15日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみと黒沢清監督ほかが出席した。

夫の異変に戸惑いながらも夫婦の再生のために奔走する主人公・加瀬鳴海を演じた長澤は「油断していると撮影がどんどん進んでいって終わっちゃうような現場でした。監督は撮っていくのが早いので、そのペースに負けないようにお芝居を準備していくプレッシャーが日々あったという感じ」と“黒沢組”での初めての撮影を振り返った。

夫婦を演じた松田龍平からクランクイン前に「黒沢監督の現場は一発本番らしいよ」と聞いていたそうで、「それを聞いていて良かったと、撮影初日に思いました」と語った。

対する黒沢監督は長澤について「煮え切らない感じがあって、嫌がっているのかなと不安な気分に…。ビクビクした現場で、最初はおびえていました」と衝撃的な第一印象を明かした。

ばつが悪そうに聞いていた長澤は「昔からよく言われるんですよね。やる気がなさそうとか、怒っているのかとか。自分のその時の感情を人に伝えるのが恥ずかしいタイプです」と苦笑。

黒沢監督も撮影が進むに連れ長澤を理解していったようで、「芝居になると自分のやるべきことを瞬時に理解して、あっという間に素晴らしい演技に到達できる。とにかく芝居がうまい方でした」と語った。

上映後のイベントとあって映画を鑑賞したファンの前でしか話せないディープな話題にも言及し、最後に長澤は「出られて良かったと思える作品と今のこの年齢で出会えたことは幸運だったなと本当に思っています。長く愛される映画になったらなと思います」と語った。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス