最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

水原希子、美ボディ大胆披露のセクシー私服で登場 過激シーンの裏側明かす<奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【水原希子・妻夫木聡/モデルプレス=9月16日】女優の水原希子が、16日に都内で行われた公開中の映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の初日舞台挨拶に俳優の妻夫木聡、大根仁監督とともに出席した。

◆水原希子、過激シーン撮影を振り返る



水原は、撮影について「大人の余裕があるというか。そういう現場だったので、いろいろちょっとHなシーンとかはあったんですけど、特に緊張するというよりは、もっとオープンな感じでできた」と述懐。

この日のセクシーな衣装は私服だそうで、妻夫木に「すごいオープンですよね(笑)」といじられると、「普通の服、持ってないんですよ、本当に。一応、ジャケットを持っていたんですよ。でもやっぱり今日は初日だし、もうドーンと行こうと思って」と笑顔で語った。

また、妻夫木の印象については、「気を遣わせない方なんですよね。でも、子供みたいな笑顔を振りまいてくれる、こっちがきゅんとしちゃうような、子犬みたいな(笑)。皆さん分かりますよね?」とコメント。

「すごくリラックスできる。かっこいいお兄ちゃんです。優しくてかっこよくて、かわいいお兄ちゃん」とも語り、タイトルに絡めてどんなボーイかを問われると、「スイートボーイ」と白い歯を見せた。

◆妻夫木聡、水原希子を絶賛



一方の妻夫木は、「とってもポジティブガール」と水原を称し、「一緒にいる人たちまで巻き込んで、ちょっと幸せな気分にさせてくれる人なんですよね。落ち込んでるときは、水原希子を呼べば、大体みんな元気になります」と絶賛。

当日は、水原が妻夫木に、“爽やかな部分と優しい部分”を表現した「狂わせ花束」をプレゼントする一幕も。受け取った妻夫木は「ありがとう」とハグも交わして水原との別れを惜しんだ。

さらに、奥田民生本人のサインが入ったギブソン社製のアコースティックギターもプレゼントされ、妻夫木は「マジで!?超嬉しいんだけど!」と喜びを爆発させていた。

◆「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」



同作は、人気コラムニスト・渋谷直角氏のコミック『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』を実写映画化したもので、『モテキ』の大根仁監督が仕上げた、最狂にポップで前代未聞のラブコメディ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス