最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『おんな城主 直虎』、龍雲丸から一緒に堺に来てほしいと告げられる直虎だが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第36話『井伊家最後の日』。直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興に向けて動き出すべきか悩む。家を再興することが家臣たちを再び戦に駆り出し、新たな悲劇を生んでしまうと考えたのだ。そんな折、松下常慶(和田正人)から、虎松(寺田心)を松下家の養子として迎えたいとの申し出が。直虎は南渓(小林薫)の助言を受け、井伊家再興を断念し、虎松を松下に送り出す。城主としての務めを終えた直虎は還俗。「おら、あんたのそばにいてぇ」と思いを明かした龍雲丸(柳楽優弥)と共に歩み始める。

【関連】『おんな城主 直虎』第37話フォトギャラリー

17日放送の第37話『武田が来たりて火を放つ』では、元亀3年(1572年)秋、井伊谷は近藤康用(橋本じゅん)の治世のもと、平穏な日々を取り戻していた。還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎は、龍雲丸と共に新しい生活を送っていた。方久(ムロツヨシ)はあやめ(光浦靖子)の刺繍の腕にほれこみ、ある提案をする。

そんな折、堺で新たな商売を始めた中村屋(本田博太郎)から龍雲丸に誘いの便りが届く。龍雲丸は直虎に一緒に堺に行ってほしいと告げる。

一方、武田信玄(松平健)は、ひそかに今川と和睦し遠江を手にした家康(阿部サダヲ)に怒り心頭。しかし刻々と情勢は変化し、今度は北条氏康(鶴田忍)の死後、北条と武田が和睦。そして信玄は、突如織田領と徳川領に侵入し、一気呵成に西への進撃を。井伊谷も危機にさらされる。

先週放送分のラストで、何か波乱の訪れを予感させる様子だった高瀬(髙橋ひかる)にも注目。井伊家の姫であることを隠し、弥吉の孫として近藤家に仕えることとなった高瀬。井伊家なき後も井伊谷で穏やかな日々を送っていた彼女のもとに、思いがけない人物がやってくる。果たしてその人物がやってきた目的とは? 直親(三浦春馬)の隠し子を名乗り登場した高瀬。その真実がついに明かされるか…。

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第37話『武田が来たりて火を放つ』はNHK BSプレミアムにて9月17日18時、総合テレビにて20時放送。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス