最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

渋滞 

連休はどこも混雑……車の渋滞を回避する方法を専門家に聞いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大学生のみなさんはまだまだ夏休みという人が多いでしょう。また、夏休み時期や連休にクルマで出掛けるとけっこうな渋滞に悩まされたりしますね。連休は子連れで出掛ける人が増えますし、これからの秋の行楽シーズンにも渋滞が予想されます。この渋滞をうまく避ける方法はあるのでしょうか?

東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)の渋滞予報士・外山敬祐(とやま けいすけ)さんにお話を伺いました。ちなみに「渋滞予報士」とは、「いつ・どこで・どのくらいの渋滞が発生するか」を科学的に分析する人のこと。「予報によって分散利用を促進し、渋滞を減らすこと」を目的に、2007年(平成19年)7月に誕生し、外山さんで5代目となります。

NEXCO東日本には、北海道支社・東北支社・関東支社・新潟支社の4つの支社がありますが、それぞれの支社に1名ずつ、計4人の渋滞予報士がいるのです。

■渋滞を避けるには「渋滞の日時を避けること」「渋滞予報を確認」

――渋滞を避ける方法はあるのでしょうか?

外山さん お盆や年末年始など、みなさんがクルマで移動することが増えるとわかっている日は確実に渋滞が発生します。残念ながら、その日に出掛けて渋滞に巻き込まれないということは困難ではありますが、ルートによっては比較的空いているとか、少し時間をずらすだけでも渋滞が短くなっていることもあります。

ですから、余計な渋滞に巻き込まれないように、事前に渋滞予報を確認して混みそうな「ルート」「日時」を避けること。これが第一です。NEXCO東日本では「渋滞予報」をホームページ、また『ドラぷらアプリ』でもご提供していますので、旅行計画を立てるときにはぜひ参考にしてください。

⇒NEXCO東日本『ドラぷらアプリ』(無料)
http://www.driveplaza.com/dorapura_app/

「日」だけではなく「時間」にまで気を付けるのがポイントです。ピーク時間は渋滞になるけれどもこの「時間」は空いている、ということがあります。渋滞の長さは伸び縮みしますので、同じ混む日であってもちょっと朝ご飯を食べてから出掛けるとか、少し寄り道をしてから帰るなど、1時間ずらすだけで全然違ったりすることもあります。

渋滞予報をご覧いただくと時間帯ごとに「渋滞○km」というデータがありますので参照してください。ドラぷらアプリを使っていただくと、渋滞を抜けるのにかかる所要時間も加味した到着時間を確認することができます。

■高速道路も乗り換える時代! 常に最新情報をチェックせよ!

――出発時にカーナビゲーションの設定でしておいた方がいいことはありますか?

外山さん お使いのナビゲーションシステムで使っている地図が最新のものかどうかを確認しておくのがよいでしょう。最新の地図でないと、よりよい道の選択ができない可能性があります。高速道路も交通状況に応じて「乗り換え」する時代なのです。

例えば、現在では圏央道が開通していることもあって、多少迂回(うかい)しても渋滞区間を通るよりは目的地に早く着くということがあるんですね。古い地図のナビですとそもそも利用可能な道路として表示されませんから、最新のものに更新しておくことをおすすめします。

あとは、ジャンクションなどの確認をしておくことでしょうか。何でもナビ任せにしてしまうとこのジャンクションではどちらの方向なのか、など迷ってしまうことがあります。それをあらかじめ理解しているのと全くわからないのでは、スムーズに目的地まで着けるかが違ってきます。渋滞情報の確認だけではなく、やはり事前の準備は大切だと思います。

――実際にクルマを運転している際に、渋滞を避けるために気を付けることは?

外山さん 走行中も最新の交通情報を常にチェックすることですね。もちろんスマホなどを見るときには助手席の人にお願いしてください。高速道路の本線情報板や、サービスエリアなどの情報ターミナル、またNEXCO東日本のTwitterなどでもリアルタイムの情報が確認できます。

⇒「NEXCO東日本 関東支社Twitter公式アカウント」(@e_nexco_kanto)

例えば「事故渋滞」と「渋滞」では事故の程度にもよりますが、通過までにかかる時間は変わってきます。例えば事故の影響で車線が制限されたりすると、通過までにかかる時間は交通集中渋滞(いわゆる自然渋滞)よりも長くなってしまいます。Twitterでは事故の程度や処理状況などを提供していますのでぜひフォローしてください。

――車線規制は影響が大きいのですか?

外山さん はい。ですので「車線規制」がなされている区間では、通過にかかる時間は「通常より長くなりがち」と考えてください。普段はあまり気にされないかもしれないのですが「事故渋滞」と「渋滞」を分けて情報提供しているのは、みなさんに注意を喚起するためでもあります。

■自然渋滞なら10kmを抜けるのに「20-30分」!

――「渋滞情報」の見方なのですが、渋滞は抜けるのにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

外山さん 交通集中渋滞の場合には、一般的には「10km」の渋滞を抜けるのに20-30分ぐらいというのが目安です。もちろんこれは原因が何かにもよります。

――高速道路が渋滞しているときに一般道に行こうか、といった人もいらっしゃいますが、これは有効なのでしょうか?

外山さん 渋滞の原因が何かによりますし、その時々によって違いますが、一般的には高速道路が渋滞しているときは、並行する一般道も渋滞していることが多いため、そのまま高速道路を使った方が早いと言われます。先にご説明した事故渋滞などの場合には、一般道を使った方が早く到着できる場合もあります。

――渋滞を避けたい人にアドバイスをお願いいたします。

外山さん 渋滞予報はゴールデンウィークやお盆などの交通混雑期だけ行っているのではなく、実は年間を通して365日行っております。季節変動もありますし、土日で起こる渋滞もあります。ですので、お出かけの前には天気予報を見るように、必ず渋滞予報を確認することを習慣にしていただければと思います。みなさまの快適なドライブにお役立ていただけたら、と思います。

――ありがとうございました。

外山さんに教えていただいた渋滞を避けるコツをまとめてみますと、下のようになります。

●渋滞を避けるコツまとめ

・なによりも渋滞する日時を避ける!
・出掛ける前に渋滞予報を確認!
・常に最新の交通情報をチェックすること!
・ナビの地図は最新のものを使う!

渋滞予報は1年365日行われており、非常に役立つものです。クルマで出掛けるときには必ず確認しましょう。一方で、渋滞予報は天候や事故などの影響により実際の交通状況と異なる場合がありますから、最新の交通情報を確認することも重要なポイントです。走行中、リアルタイムの情報を確認する際には、自分でスマホを操作してはいけませんよ! 必ず助手席の人が行うようにしてください。

(高橋モータース@dcp)

外部リンク(マイナビ学生の窓口)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス