最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

彼氏や旦那には教えたくない「大人の乗り物」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1つ1つカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する喜びはクセになってしまう。

でそのカスタマイズといえば、Harley Davidsonが筆頭にあがるが、単車乗りでもコストやメンテナンスのことを考えると二の足を踏んでしまうはず。しかし、このドイツ生まれの「Ruff Cycles」なら、その何分の1かで、あなただけの1台を手に入れることができるのだ。

フレーム、ハンドル、カラー
すべて、自分好みに



その組み合わせは、無限大。どれがいいか迷ってしまったら、ベストな方法は、まずは自分自身でパーツを選んで組み立てること。それが、オンライン上で簡単にできるのはポイントが高いと言えるだろう。ものは試し。ぜひ、こちらからトライしてみよう。





RUFF CYCLESさん(@ruffcycles)がシェアした投稿 -




RUFF CYCLESさん(@ruffcycles)がシェアした投稿 -




RUFF CYCLESさん(@ruffcycles)がシェアした投稿 -




RUFF CYCLESさん(@ruffcycles)がシェアした投稿 -




RUFF CYCLESさん(@ruffcycles)がシェアした投稿 -




RUFF CYCLESさん(@ruffcycles)がシェアした投稿 -




RUFF CYCLESさん(@ruffcycles)がシェアした投稿 -


E-バイクという選択肢も




Ruff Cyclesで最も注目したいのは、電動付きのE-バイク「Ruffian」。こいつのスタイルも相当クール。街をクルーズすれば、多くの人が振り返るハズだ。

E-バイクで評判のBOSCH社の強力なバッテリーを装備しているので、急な坂道や悪路でも順調な走りを約束してくれるだろう。ブラウン、ブラック、オリーブグリーンの3色展開。レトロっぽさをよく捉えた塗装がしみる。

さすがに値段は5,499ユーロ(約71万円)と、かなりの勝負が必要。




クルーザーにしても、E-バイクにしても、どちらも魅力的なラインナップ。質実剛健なドイツのモノ作りとクールなデザインを両立させたマシーンは、世界で徐々に火がついてきた模様。最後に、唯一無二な走りっぷりを動画でチェックしてみよう。



Licensed material used with permission by Ruff cycles


外部リンク(TABILABO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス