最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

高橋光臣「歪んだ愛を表現したい」木村多江と夫婦役に『ブラックリベンジ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
俳優の高橋光臣が、木村多江が民放の連続ドラマで初主演を務める読売テレビ・日本テレビ系の木曜ドラマ『ブラックリベンジ』(10月5日スタート、毎週木曜23:59~)に出演決定。木村演じる敏腕記者・沙織の亡き夫を演じることがわかった。

本作は、昨今、最も世間を騒がせている週刊誌の世界を舞台に、かつて夫をスキャンダルによって死に追いやられた過去を持つ敏腕記者・沙織(木村)が、世の中の裏に巣くうスキャンダルに迫り、夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく痛快な復讐劇。スキャンダルに執念を燃やす沙織には、ある目的があった。将来有望な政治家だった彼女の夫は、身に覚えのないスキャンダルをでっち上げられ、それを苦に自殺してしまった。その事実を知った沙織は、スキャンダルによる復讐を決意。沙織は大胆にして情け容赦ないやり方で、夫のスキャンダルをねつ造した人物たちが隠す黒い秘密を暴いていく。不倫議員、ハニートラップ、罵倒音声など、現在、世間を騒がせているスキャンダルのエッセンスを取り入れ、生々しくゲスな人間の本性が赤裸々に描き出される。元週刊文春のエース記者として知られるジャーナリスト・中村竜太郎氏が監修を務め、スキャンダルの裏側をリアルに描写。劇中では、スクープ獲得のために記者が駆使する驚くべきテクニックも披露される。

高橋が演じるのは、5年前に将来を嘱望されながら、身に覚えのないスキャンダルが報じられて自ら命を絶った政治家・寺田圭吾。死の直前に自分を陥れた3人の人物について告白する動画を残しており、その執念が沙織を復讐に向かわせるきっかけとなる。さらには物語が進むにつれて、沙織も知らなかった圭吾の秘密が明かされていくことになる。

そんな役を演じるにあたって、高橋は「ドラマではなく、まさに現実の政治の世界でも、政治と金、不倫、政治家同士の潰しあいが日々ニュースになっている昨今。危機管理能力の有無が政治家の1つの能力としてあげられていますが、私演じる政界のホープ寺田圭吾も、その部分においては最大限の注意を払っていたにも関わらず、最も信頼する同士に嵌められ、裏切られ、地獄の底に突き落とされる。そして寺田圭吾は死に際に、最後の足掻き(復讐)を、最愛の人に託す。そんな歪んだ愛を、怨みの坩堝(るつぼ)の中で表現したいと思っています」と意気込む。

また、「木村多江さんとは、この作品でご一緒して、ますます魅了されています。大人の静かな色気に品があってとても美しい方。いつも気さくに話してくださって、とても楽しい時間を過ごさせていただいています。作品の内容的に今後、重く、辛いシーンが多くなってきますが、多江さんとのワンシーン、ワンカットを、存分に楽しみたいと思っています」と木村の印象とともに、今後の撮影への期待を語った。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス