最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

キュッと締まって、プリっと上がった小尻に!壁を使った簡単エクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アラサー&アラフォー必見!キュッとしまってプリっと上がった小尻!壁を使った簡単エクササイズ
こんにちは。ゴルフの体幹トレーニング、ピラティス&ゴルフピラティスインストラクターの太田です。上半身は細いのに、お尻だけ外に広がって下半身がどっしり・・・とても残念ですね。格好良くスリムパンツはもちろん、ワイドパンツをはきたくても外に広がったお尻が気になってあきらめている皆様、頑張ればこの秋、格好良くパンツを履きこなすことができますよ。早速チャレンジしていきましょう。

◆1.壁の前に立ち膝を脇腹に近づけます
壁の前に立ち、両手を壁につけます。骨盤はニュートラルポジション、腰を反らないように気を付けます。

息を吸って、右股関節を外に開き、右膝を右脇に近づけます。

膝の高さは右腰の高さ位が目標ですが、股関節の柔軟性によって個人差がありますので、無理に上げようとせず、上がるところまででOKです。
壁の前に立ち膝を脇腹に近づける
◆2.股関節を外に開きます
体の横に持ち上げた脚を、股関節から外に開きます。

外に開く角度は、股関節の柔軟性によって個人差がありますので、上半身が傾くほど開かないように気をつけましょう。
股関節を外に開く
◆3.お尻から斜めに蹴り上げます
息を吐きながら、股関節から斜め後ろに足を蹴り上げます。お尻から足がつながっているつもりで、お尻から足を斜め後ろに一機に伸ばします。

息を吸って股関節を外に開いた位置に戻ります。5回繰り返しましょう。左脚も同様に行います。
お尻から斜めに蹴り上げる
◆4.注意点
後ろに蹴り上げる足とお尻も大切ですが、軸足の母指球、小指球、かかとの3点でしっかり床を踏みしめ、軸足を安定させます。左右の骨盤は、壁と並行を保ちます。

エクササイズ中、上半身が左右に傾かないように気をつけましょう。

後ろに蹴り上げるときに、かかとから蹴り上げるとお尻にさらに効果がアップしますよ!
Photo by fotolia

外部リンク(美LAB.)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス