最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

まだじめっと暑い秋の夜長、どう快適に眠る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋になりましたが、まだまだ暑い日が続いているので、夜になってもむし暑くて眠れない……なんて人も多いのではないでしょうか。
前編の記事では良質な睡眠をとるための準備段階の方法をご紹介しました。後編では、むし暑くて眠れない夜にぐっすり眠れる対処法をご紹介します。

ぐっすり眠っている女性の画像

まずはこの3つを試してみよう

(1)我慢しないでクーラーを使う

眠る女性

寝ている時にクーラーを活用することは、体が冷えすぎてしまったり、乾燥で風邪をひきやすくなるといわれたりしますが、ここは我慢をしなくても大丈夫。
筆者の場合、西日の当たる6畳の部屋ですが、寝るときは28度弱の設定でクーラーをつけて寝ています。

クーラーの温度を決める基準は、少し肌寒いかな? と感じるくらいの温度に設定しておくと、掛布団をかけて寝るときにちょうどよいかもしれません。
ここはご自身で何度か実験をして、ちょうど良い温度を探してみてください。

(2)着る物を工夫する

ナイトウェア

クーラーをつけて寝る場合、寝ている間に掛布団を剥いでしまうことも考えられます。
その際に少しでも冷えないようにするためにも、パジャマは薄手で長袖、長ズボンを選ぶと良いかもしれません。

(3)エッセンシャルオイルを活用する

アロマオイル

良質な睡眠をとるためにも、オレンジスイートのエッセンシャルオイルを使うのがおすすめです。
寝る前に20分間、アロマディフューザーなどで芳香浴をしてから寝てみてください。朝すっきりと目覚められるかもしれませんよ。

ディフューザーが無い方は、ティッシュに1~2滴オイルを垂らしたものを枕元に置いて寝てみましょう。
この時、オレンジスイートのエッセンシャルオイルには色がついていますので、寝具に色が移ってしまう可能性があります。エッセンシャルオイルが乾いてから枕元に置いてみてくださいね。

上記3つすべてを試しても眠れない時は?

(1)温かいハーブティーを飲む

眠れない時はハーブティーを飲んでみるのもおすすめです。鎮静効果が期待できるものを選ぶのがGood。

ジャーマンカモミールのハーブティー

一般的に手に入りやすいのはジャーマンカモミールのハーブティー。「生活の木」などのハーブを専門に取り扱うショップに行かずとも、スーパーでも購入できます。カモミールが苦手な方は、ミルクとハチミツを追加すると、とても飲みやすくなりますよ。
※キク科アレルギーの方は飲用を避けてくださいね。
翌朝、寝坊できるという日にはリンデンのハーブティーもおすすめです。

(2)目の前を暗くしてみる

柔らかな肌触りが病み付きになるオーガニックコットンのアイピローで目の前を真っ暗にして眠ると、入眠しやすくなるかもしれません。

(3)ラベンダーのアロマオイルを活用

ラベンダーオイル

何もしても眠れない時にはラベンダーのアロマオイルを先ほどご紹介したオレンジスイートの要領で使ってみてください。体が慣れてしまうため、ここぞ! という時だけに留めてくださいね。
※妊娠初期の方や低血圧の方はご使用を避けてください。

まだまだ雨の影響で蒸し暑い秋。睡眠は明日の英気を養うための大切な時間。だからこそ、自分が“気持ちがいい”と思えることを追求してみて。

ライタープロフィール

Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子

10年以上アパレル勤務後、2014年に独立。在勤中にスクールに通い基礎医学やホリスティック医学を学ぶ。美容&ファッションライターや化粧品&サプリメントの商品開発&経営のコンサルタント業を行う。

【保有資格】

日本メディカルハーブ協会認定 ハーバルセラピスト/日本メディカルハーブ協会認定 メディカルハーブコーディネーター/日本メディカルハーブ協会認定 ホリスティックハーバルプラクティショナー修了/日本アロマ環境協会認定 アロマテラピーアドバイザー/日本アロマ環境協会認定 アロマハンドセラピスト/日本アロマ環境協会認定 アロマブレンドデザイナー

外部リンク(Life & Beauty Report)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス