最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【フランクフルトショー】コンチネンタルが描く2025年の拡張現実コクピットをプレゼンテーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年9月14日、世界的サプライヤーのコンチネンタル・オートモーティブはフランクフルト国際モーターショーで、未来のコクピット「コックピットビジョン2025」をプレゼンテーションした。

現在の車内はデジタルモビリティ化、情報量の急増、ますますモバイル化していくライフスタイルの変容などが原因で、いかに情報伝達手段をスマートにするかが重要な課題となっている。これまでのディスプレイやシステムは急速に限界に達しているのだ。これからの自動運転の実現には、ドライバーが車内で平常通りにリラックスできるような、まったく新しいコックピットデザインが必要だとコンチネンタルは考えている。

そしてフランクフルト国際モーターショー2017で、コンチネンタルは未来のコックピット・コンセプト「コックピットビジョン2025」を発表した。拡張現実の表示ができるフロントガラスを使用したコンセプトモデルのデモで、計器がない未来のコックピットを実感することができる。

この未来のコックピットでは、自動運転中は特定の機能やディスプレーが非表示になるが、インテリジェントなインターフェースのおかげで、必要な時にさまざまな機能を使えるように表示に切り替えることができる。

「コックピットビジョン2025」は、包括的ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)の幅広い機能が採用されている。たとえば、格納式のハンドルや、従来の車外ミラーの代わりに必要に応じて伸張するミラーディスプレイを採用し、拡張現実ヘッドアップディスプレー(HUD)に表示することができる。

フランクフルトショーのブース来場者は、スマートコントロールを使用して、自動運転中、クルマからドライバーへと役割が切り替わる際にドライバーを直観的に支援するデバイスを体験した。このデバイスは、クルマが自動運転するかどうか、または現在の路上をそのまま運転してよいかに関する情報を提供すると同時に、クルマの操作にも使用される。そのほか、必要に応じてディスプレーの表示・非表示を切り替えるモーフィングインターフェースや、特定の場所に関する情報を表示したり、映画を再生したりするためのモニターとして使用できるフロントガラスなども展示された。

この「コックピットビジョン2025」を実現するために、コンチネンタルは車両の入出力デバイスを制御するのに必要なハードウェアと、統合電子制御ユニット(ECU)を備えたモバイルデバイスをすでに開発済みだ。このIIPと呼ばれる統合インテリアプラットフォームの採用は包括的HMIへの重要なステップであり、セントラルコンピュータとして機能する車両コックピットを、ドライバー、ドライバーのモバイルデバイス、交通環境、インフラ、クラウドとリンクさせることができるようになっている。

コンチネンタル アーカイブコンチネンタル・オートモーティブ公式サイト

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス