最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

朝ドラ「ひよっこ」有村架純、「わろてんか」葵わかなにバトンタッチ プレゼントの中身は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【有村架純・葵わかな/モデルプレス=9月15日】15日、NHK大阪放送局にて「連続テレビ小説 ヒロインバトンタッチセレモニー」が開催された。現在放送中の「ひよっこ」(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)ヒロインの有村架純、10月2日からスタートする「わろてんか」ヒロインの葵わかなが出席した。

先輩ヒロインの有村に向けて、葵は「『ひよっこ』の撮影、お疲れ様でした」とねぎらいの言葉とともに、「有村さんがみね子さんとして10ヶ月、守ってきたものだったり、頑張ってきたことだったり、思い続けてきた思いだったり、そういうのを受け継いで、この『わろてんか』の世界で、『わろてんか』のチームのみなさんと、笑いながら最後まで走っていけたらな、と思います」と決意をあらわに。

一方、有村からは「もう十分、いろんな気持ちを背負って毎日過ごされていると思うので、『頑張って』とはあんまり言いたくないんですけど、でも本当に体と心を大事にして過ごしていってほしいなと思います。でも、19歳ですよね?すごくしっかり落ち着いていらっしゃると思うので、自分のペースは乱さずに毎日撮影に励んでいただけたらいいなと思います」と励ましの言葉が送られた。

◆受け取ったプレゼントは?



同イベントでは、ヒロイン同士のプレゼント交換も実施。有村から、「ひよっこ」に登場する洋食屋・すずふり亭の「ポークカツサンド」と「トランジスタラジオ」を受け取った葵は「お話の中で頑張ってラジオを作られてたじゃないですか? 間違えるたびに『ビーッ』って鳴って、止まって(笑)。そうやって、みね子さんたちが一生懸命作ってくれたラジオなんだと思って、大事にします。ありがとうございます」と嬉しそうにニッコリ。

対する有村には、「わろてんか」に登場する寄席「風鳥亭」の紋が入った「扇子と手拭い」をプレゼント。「すごくうれしいです。手拭いも扇子も大好きなアイテムなので、大事にします。ありがとうございます。私の名前が入ってる!すてき!」と喜んでいた。

◆NHK朝ドラ「わろてんか」



“笑い”をテーマにした本作の舞台は、明治の後半から第二次世界大戦直後の大阪。タイトルの「わろてんか」は大阪弁で“笑ってください、笑ってほしい”という意味で、「吉本興業」の創業者である吉本せいをモデルに、いつも周りに“笑い”をふりまくヒロイン・藤岡てんがひょんなことから小さな寄席経営を始め、ついには日本で初めて“笑い”をビジネスにした女性と言われるまでに成長していくさまを描いていく。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス