最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

実はニッチなカテゴリー!? 中古車で狙える「3列シートSUV」オススメ5車種【中古車選び】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月14日、マツダはSUVのフラッグシップモデルとしてCX-8を発表しました。CX-8はSUVながら6~7人乗りが可能な3列シートを採用しているのが特徴です。

3列シートSUVは輸入車を含んでも月販3000台というマーケット。今回発表されたCX-8は月販1200台を予定し、このカテゴリーのリーダーシップを狙おうという車種です。そこで、今回ではCX-8のような3列シートを設定したSUVの中から、中古車で狙えるオススメの5車種を紹介しましょう。

●トヨタ・ランドクルーザープラド

3列シートSUVの中で安定した人気を誇るのがトヨタ・ランドクルーザープラドです。150系と呼ばれる現行型のランドクルーザープラドは2009年に登場。2017年9月12日に2度目のマイナーチェンジを行い、外観のデザイン変更をはじめ、運転支援装備の衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を全車標準装備とするなど装備の充実化が行われました。

現行型ランドクルーザープラドの中古車は現在365台流通していますが、若干減少傾向です。直近1カ月の平均価格の推移は367万円から381万円と値上がり傾向となっています。

現行型ランドクルーザープラドはグレードによって5人乗りと7乗りが用意されていますが、7人乗りの中古車は365台中219台と60%を占めています。グレードではクリーンディーゼルエンジンを搭載した2.8DT TX Lパッケージが最も多く、次に最上級グレードの2.8DT TZ-Gが続きます。

ランドクルーザー2.8DT TX Lパッケージは55台の中古車が流通しており、価格帯は379.8万~598万円と人気車らしく、高価格をキープしています。

●日産・エクストレイル

2013年12月に登場した3代目日産・エクストレイル。2Lガソリン車とハイブリッド車を設定していますが、ガソリン車に7人乗り3列シート車を設定しています。2017年6月にマイナーチェンジを行い外装のデザイン変更を行うと同時に、セレナに搭載された安全運転支援システム「プロパイロット」を搭載しました。

現行型エクストレイルの中古車の流通台数は現在約1200台。非常に豊富ですが、この1カ月で200台減少しています。直近1カ月の平均価格の推移は223万円で横這いとなっています。

現行型エクストレイルも5人乗りと7人乗りを用意していますが、7人乗りは157台で現行型エクストレイルの中古車のわずか13.2%です。グレードでは20Xエマージェンシーブレーキ4WD 3列車が43台、20Xttエマージェンシーブレーキ4WD 3列車が35台となっています。

20Xエマージェンシーブレーキ3列車の中古車価格帯は168万~230万円。20Xttエマージェンシーブレーキ4WD 3列車は219.9万~269.9万円となっています。

●三菱・アウトランダー

ガソリン車とPHEVを設定してスマッシュヒットしているSUVが三菱・アウトランダーです。2代目となる現行型は2012年10月に登場。2015年6月にマイナーチェンジを行い新フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。2017年2月にはPHEVの一部改良を行い、EV走行を維持できるよう改良を行っています。

アウトランダーはガソリン車が7人乗り、PHEVは5人乗りとなっています。ガソリン車の中古車の流通台数は現在90台。この1カ月間ほぼ横這いで推移しています。直近1カ月の平均価格の推移は213万円から210万円とわずかに値落ちしています。

グレードでは24Gナビパッケージ4WDが53台と圧倒的に多く、次いで24Gセーフティパッケージ4WDが21台。現行型アウトランダーの中古車はほとんどが4WD車となっています。24Gナビパッケージ4WDの価格帯は124.8万~308万円。一方、24Gセーフティパッケージ4WDは164.8万~288万円となっています。

●トヨタ・ヴァンガード

これまでは、現在新車が販売されている車種でしたが、これから紹介する車種はすでに生産終了なり中古車でしか手に入れない3列シートSUVです。

まず、トヨタ・ヴァンガードです。2007年にプレミアムSUV、トヨタハリアーの兄弟車として登場しました。トヨタ・クルーガーの後継車にあたるヴァンガードですが、全長は120mm短くなりサードシートは緊急用という色合いが強くなりました。

2007~2013年まで販売されたヴァンガードは、現在中古車の流通台数は減っていますが、約800台と豊富です。直近1カ月の平均価格の推移は137万円から135万円とわずかに値落ち傾向となっています。

5人乗りと7人乗りが設定されているヴァンガードですが、7人乗りのヴァンガードは流通している中古車の約32.5%を占めています。グレード別に見ると最も多いのが240Sの2WD車、2番目が240S Sパッケージ2WD車、そして3番目が240S 4WD車となっています。

最も多い240S 2WD車の中古車価格帯は79~199万円。240S Sパッケージ2WD車は117~229万円。240S 4WD車は65.8~258万円で予算150万円あれば選び放題といった様相です。

●ホンダ・クロスロード

2代目にあたるホンダ・クロスロードは2007~2010年というわずか3年しか販売されなかった7人乗りのSUVです。

クロスロードはストリームをベースとしたSUVで、搭載するエンジンは最高出力150psの2L直4i-VTECと最高出力140psの1.8L直4i-VTECの2種類。組み合わされるミッションはエンジン種類、駆動方式を問わず5速ATが採用されていました。

わずか3年しか販売されなかったクロスロードですが、現在165台の中古車が流通しています。流通台数はこの1カ月の間ほぼ横這いで推移していますが、平均価格はこの1カ月で94万円から87万円へと値落ちしています。

中古車のグレードを見てみると20X 2WDが41台と最も多く、次いで20X 4WDの24台。そして1.8L Xパッケージと続きます。中古車の価格帯は最も多い20X 2WDは35~171万円。20X 4WDは32~152.8万円。1.8L Xパッケージは40~180万円となっています。最近のSUVにはないスクエアなボディデザインがカスタムカーのベースとして最適です。できれば、トルクに余裕のある2Lエンジンがオススメです。

ランドクルーザープラドを除くとやや苦戦している3列シートSUV。CX-8の登場でどのように情勢が変わって行くのか注目していきましょう。

(萩原文博)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス