最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

清野菜名、トットちゃん役は“玉ねぎのかつら”を付けて実感「あ、私、演じるんだな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 清野菜名と松下奈緒が、テレビ朝日の10月帯ドラマ劇場『トットちゃん!』の制作発表記者会見に出席。清野は「徹子さんがテレビ画面を通して、皆様にお伝えしている、楽しさだったり笑顔だったりを、私もこのドラマで皆さんに伝えていきたい」と意気込みを語った。

【関連】「トットちゃん!』制作記者会見フォトギャラリー

家族、恋、仕事を交えながら、“誰も知らない黒柳徹子”の姿を明らかにする本作。若き日の黒柳を演じる清野は、実際に黒柳が着用していた“モーツァルト風”の衣装を着用し登場。出演が決まった時の心境を問われると、「聞いたときは、全然信じられなくて、その事実を飲み込むのに結構時間がかかりました」と述懐した。

「皆さんとお会いして、衣装合わせもして、この玉ねぎのかつらを合わさせていただいて、やっと『あ、私、黒柳徹子さんを演じるんだな』って思ったので、すごいうれしかった」と想いを明かした。また、進行中の撮影については「楽しくて、徹子さんがテレビ画面を通して、皆様にお伝えしている、楽しさだったり笑顔だったりを、私もこのドラマで皆さんに伝えていきたいなと思っています」と笑顔で語った。

一方、黒柳の母・朝を演じる松下は、「こんなに明るくて楽しくて、明日になるのが楽しくなるような作品に参加させていただいて本当に光栄だなと、撮影しながらも思っています」と語り、「ぜひ、日本中に元気を届けられる、そんな作品になってくれることを祈っております」とニッコリ。劇中の歌唱シーンに話が及ぶと、「朝さんは音大に通われていて、オペラ歌手を目指されていて、歌は上手じゃないんだけど、声だけ大きい」と自身の役どころを説明し、「そういう設定がありましたので、どうやればそういう風に見えるのかなっていうのを監督とお話ししながら、顎が痛くなるくらい大きな口を開けて歌わせていただきました(笑)」と振り返った。

黒柳にそっくりのアンドロイドが司会を務めた会見には、原案の黒柳徹子に加えて、出演者の豊嶋花、山本耕史、小澤征悦、高岡早紀、八木亜希子、竹中直人、そして脚本を手掛けた大石静も参加した。

ドラマ劇場『トットちゃん!』はテレビ朝日系にて、10月2日より毎週月~金曜12時30分より放送。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス