最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松山ケンイチ、向井理らが劇団☆新感線に新風を吹き込む!『髑髏城の七人』Season風開幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

007967.jpg

2017年9月15日(木)に、東京・IHIステージアラウンド東京にて劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風が開幕する。“花・鳥・風・月”4シーズンに渡り、ロングラン公演を続けている本作の第3弾となる「Season風」では、主演に松山ケンイチを迎え、主人公・捨之介役と敵役・天魔王役を一人二役で演じるバージョンが13年ぶりに復活。初日前には、報道向けのフォトコールが行われ、約30分の抜粋したシーンが披露された。

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真2

「Season風」には、「Season花」「Season鳥」の前2作とは少し色の違う、新鮮な顔ぶれが揃った。松山は、『蒼の乱』(2014年)以来2度目の劇団☆新感線参加。松山が打ち出す新たな捨之介は、実に素朴で自然体。困っている人を見過ごせない、情の深さを感じさせる“あんちゃん”のような存在でありつつ、どこか影も感じさせる。そんな捨之介像を作り上げた松山が、天魔王ではどのような顔を見せるのか、非常に楽しみだ。

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真11

演出のいのうえひでのりは、事前に「“花・鳥・風・月”のうち1本は、捨之介と天魔王が同じ顔をした“信長の影武者”だったという初期の設定に戻すのもアリかなと思ったんです」と構想を明かし、脚本の中島かずきも「初心に返る感じではありますが、一人二役だからこそやりたかったことも新たに盛り込みつつ、今回のキャストに合わせてキャラクターも大幅に書き換えます」と語っている。その独自性は、松山が演じる捨之介の扱う武器や、ある格闘技を彷彿とさせるような動きにも現れているように思った。

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真4

無界屋蘭兵衛を演じるのは、向井理。向井は、これが劇団☆新感線初参加となる。向井が演じる蘭兵衛は、繊細な優しさを漂わせながらも、瞳の奥に冷え切った光をたたえている。捨之介と出会った時の、言葉の裏に垣間見える過去にも注目だ。

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真8

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真10

女性陣にも、極楽太夫役の田中麗奈、沙霧役の岸井ゆきのといった劇団☆新感線初参加の顔が並ぶ。田中の演じる極楽太夫は、姉御肌といった感じで色里・無界をちゃきちゃきと取り仕切る。狭霧を演じる岸井は小さい身体ながらはつらつとした気を放っていた。

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真14

そして、兵庫役の山内圭哉、狸穴二郎衛門役の生瀬勝久、小劇場からTVドラマまで幅広く活躍する二人が、軽妙なテンポをもたらす。山内が演じる兵庫が率いる関八州荒武者隊はパンキッシュな様相を呈しながらも“チーム感”たっぷりだ。また、いのうえ作品の『鉈切り丸』(2013年)に出演していながらも、意外にも劇団☆新感線には初参加となる生瀬の緩急の効いた佇まいはさすが。

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真15

また、フォトコールには登場シーンがなかったが、橋本じゅんが贋鉄斉役を初めて演じるほか、河野まさと、蟻野慎吾など劇団員たちも登場。新感線ならではの色に、新風が吹き込んだ「風髑髏」の物語を、楽しみにしたい。

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真7

開幕にあたり、松山、向井、田中、生瀬からコメントが届いている。

◆松山ケンイチ
今回は新作ではなく、しかも同じ劇場で先輩方が演じているのを観ているので、緊張はそれほどせずにじっくり稽古に集中出来ました。ただ、2幕がしんどいです(笑)。この劇場は、演じるより観る方が楽しいです、確実に。
今回の二役は信長の二面性を、捨之介と天魔王で演じているように感じています。『蒼の乱』を観ていただいている方にはハッとする場面もあります。よろしくお願いします。

◆向井理
いのうえさんの、尽きないアイデアに驚きと楽しみを感じてきました。(稽古は)身体のケアは気にしてやっていましたが、日々疲労がたまっています。長丁場なので、より一層気をつけていきたいと思います。
(360°回転する劇場の楽しさは)演じている中では分からないところもありますが、観客の皆様にはとても楽しんでいただけると思います。今まで観たことのない演出、効果、アクション。とにかく、見どころ満載です。360°すべてお楽しみください。

◆田中麗奈
稽古は、本当にすべてが新鮮でした。劇団☆新感線というハイスペックな人々が集まる学校に転校した気分で・・・。でも皆様優しくて、感謝でいっぱいです。このチームで、これからどんどんエネルギーを上げてお客様と共に最高の舞台を作り上げていきたいです。
(体力作りを気にしていましたが)身体は今のところ元気です(笑)。私は、ステージでライトを浴びたり、お客様の力で充電、発電するタイプなので、まだまだエネルギーは上がると思います。
最高の座組みだと思っているので、自信を持って皆様にお届けいたします。私としては、極楽太夫の生き様を見せていきたい。どうぞ、ごゆるりとお楽しみくださいませ。

◆生瀬勝久
(初の劇団☆新感線参加ですが)いのうえシェイクスピア『鉈切り丸』に参加していたので、順調にできました。緊張はありますが、今は楽しみの方が大きいですね。ただ、(回転する劇場の)導線が不安です(笑)。
前の2作とは違った、狸穴次郎衛門に仕上げましたので、ご期待ください。

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風Produced by TBSは、9月15日(金)から11月3日(金・祝)まで東京・IHIステージアラウンド東京(豊洲)にて上演。

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真3

前売チケットはすでに完売しているが、毎日、当日券も用意されている。販売方法は、公演前日のWEB販売と、公演当日の窓口販売の二通り。詳細は、公式HPにてご確認を。
※WEB販売は、前日14:00より先着販売
※当日の窓口販売は、各公演開演の1時間前から抽選

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真12

さらに、10月5日(木)12:30公演と18:00公演では、全国の映画館76館でライブ・ビューイング(生中継)も開催される。チケットの先行発売、一般発売の日程は以下のとおり。
【先行販売】9月2日(土)12:00~9月17日(日)23:59
【一般販売】9月27日(水)18:00~10月3日(火)23:59

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真9

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真6

『髑髏城の七人』Season風_舞台写真5

(取材・文・撮影/エンタステージ編集部)


外部リンク(エンタステージ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス