最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

池上季実子、女優生活43年で過酷"漁"ロケ!? 『お魚ぜんぶ獲ってみた』挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『池の水ぜんぶ抜く』シリーズが好調な、テレビ東京系日曜ビッグバラエティ枠。17日には、『東京湾大調査!~お魚ぜんぶ獲ってみた~』(19:54~21:54)が放送される。東京オリンピックに向けて世界遺産を目指す東京湾は、世界に誇る大都市圏の豊かな漁場であり、生物が700種類いるといわれているという。そんなお魚を、釣り好き芸能人たちが片っ端からゲット! 意外なお宝も飛び出した。

番組では9つの漁港で漁師に依頼し、巻き網、底引き、定置網、刺し網など様々な漁法で魚を捕獲する。深海の様子を探り、深海魚やサメなどを釣り上げる。

今回、釣り好き芸能人として女優の池上季実子が参戦。「そもそもなんで呼んでくれたのか私が聞きたい」と不思議がる池上だが、釣りについては「子供の時から父親と琵琶湖で釣りをしていた」と思い出を語る。「海釣りが好き。キスやタコを釣っています」とロケに意欲を見せた。

プライベートではハワイでマヒマヒも釣り、「基本的には晴れ女」という池上。ロケ日はあいにくの雨模様で、早朝から「雨が降ること自体がおかしいんです。『ありえないんだけど』と思って。ついたらどしゃぶりだし……」とぼやいていた。

ロケでは、じゅんいちダビットソンとともに深海魚に挑む。「500m先の下の釣れた感覚ってわかるのかしらね?」と興味を寄せた池上は、一投目から様々な種類の魚をゲットするなど、さすが女優という引きの良さだが、悪天候に途中からだんだんグロッキーに。43年の女優人生で臨んだまさかの過酷釣りロケに、普段は見られない姿を見せた。

池上の他、ボビー・オロゴン、はるな愛、小島よしお、石井康太(やるせなす)、じゅんいちダビッドソン、天木じゅん、福島和可菜、永浜いりあがロケで東京湾に繰り出す。また番組MCはゴールデン初司会となるメイプル超合金(カズレーザー・安藤なつ)が務め、スタジオゲストとして田中要次、稲村亜美が登場する。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス