最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

駐車違反でナンバープレートを外すとどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

駐車監視員による駐車違反の取り締まりでは理論上、ナンバープレートを外したりガムテープで覆ったりすると、入力端末に入力ができないことになります。実際、国土交通省によれば、ナンバーの表示義務は駐車中のクルマにはありません。しかし、ナンバーを隠しても駐車違反から逃れることはできないのです。

駐車違反でナンバープレートを外すとどうなる?

駐車違反は車体番号で確認できる


駐車監視員向けの駐車違反マニュアルには、とくに二輪車の駐車違反について「ナンバープレート外しには『車体番号隠し』も組み合わせて行われる場合が多い」と記載されているほど。駐車違反はナンバーを隠すと逃れられるのでしょうか?

ナンバープレートが外される、またはカバーで不可視化されている場合、駐車監視員は車体に刻まれた車体番号で確認をすることができます。ナンバープレートが隠れていても、駐車違反からは逃れることはできません。

ただし「車体番号も見えなくして放置されるケースがあるため、監視員はこれらの二輪車を発見しても、確認作業を避ける傾向がある」とマニュアルにはあります。とはいえ車体番号の改ざんは、道路運送車両法違反として処罰の対象です。

駐車違反を監視員が警察に連絡


実際、ナンバープレートをビニールで隠してヒモで固定していた原付バイクが駐車違反で取り締まられていました。ナンバーを隠して駐車禁止エリアに放置している二輪車は、車体番号があれば十分取り締まりの対象です。

二輪車は外から車体番号を確認できますが、クルマとなると事情が違います。外部から車体番号を確認することができません。駐車してから前後のナンバーを被覆して隠せば、理論上、駐車監視員は手を出せないことになります。

しかし、こういったケースでは駐車監視員は警察に連絡するはず。警察によって、運転者が戻ってきたところを道交法違反(駐車違反)で逮捕、実名報道させて見せしめとする…という可能性もあるでしょう。

外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス