最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「酔うと化け物になる父がつらい」 楽しいのは自分だけ、家族は崩壊…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 友人の付き添いでアルコール依存症セミナーに行ったことがキッカケで「自らの父も依存症だったかもしれない」と気付く…そんな体験を描いた菊池真理子氏のノンフィクションコミックス「酔うと化け物になる父がつらい」。Twitterで話題となり、各WEBメディアで取り上げられたマンガが、秋田書店から9月15日に発売された。税別900円。

アルコール依存症の父と、新興宗教信者の母のもとに育った著者の半生を描いた家族崩壊ノンフィクションマンガ。精神科医による帯コメントは、「お酒を“楽しんでいるつもり”の、すべての人に読んでほしい。依存で一番苦しむのは、家族です」。読者からは、「家庭って、家族って、なんだろう」「ほろほろ泣いてしまいました」「このマンガが、どれだけ励みになることか」など、アルコール依存に限らず、家族について深く描かれた内容に共感の声も多数寄せられているという。作品ホームページで少し読んだだけで、これは今後の展開が気になってたまらなくなってしまう。

外部リンク(OVO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス