最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ウーマン村本、矢口真里にフラれていた「じゃあ加護ちゃん紹介してくれよ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日、AbemaTV(AbemaTV)にてウーマンラッシュアワー・村本大輔がMCを務める『恋のポイント村本くん』が放送された。この日はゲストとしてタレントの矢口真里が出演。番組冒頭で、村本が矢口との気まずい過去を語った。

 今回の共演にあたり、村本は矢口に「今日の共演について何も思わなかったんですか?気まずさはなかったですか?」と質問。矢口は心当たりがなさそうだったが、実は2人は過去にもAbemaTVの番組でお酒を飲む企画で共演。「またみんなで遊びましょう」と、収録後にLINEのIDを交換していたという。そこで村本は矢口にモーションをかけていたそうで、「矢口さんは自覚なかったかもしれないですけど、1回ガチで口説いているんですよ」と気まずそうに語った。

 「矢口さんはそういう感覚なかったかもしれないですけど、LINEを交換して矢口さんは『またみんなで飲みに行きましょう』って言ってくれたんですね。でも僕は『いや、2人で行きましょう』って言って。そしたら矢口さんは『すみません、そこはみんなで行きましょう』って……」と当時を振り返る村本に、矢口も思い出し始め「手あたり次第かな、と思った。女性として(私のことを誘って)来てるなとか思ったんですけど。『もし今のわたしと村本さんが写真週刊誌にスクープされたら、村本さんに傷が付きますよ』ってLINEで言ったんですよ」と懐古。このLINEに対し村本は「僕は大丈夫ですよ」と食い下がったそうで、矢口は「オネエの友達がいるから3人はどうですか?」とさらに提案し、また「2人がいい」と主張されたそうだ。

 矢口は「村本さん、絶対ネタじゃないですか」と本気とは思えなかったと説明。「ネタじゃないですよ!」と村本は叫び、「僕は芸能人と付き合ったことがない。でも周りの芸人を見たら、可愛い芸能人の子と付き合ったり週刊誌に撮られたりしている。僕もいつか、と思っていた。そんな時に、僕は矢口さんとLINEを交換していただいた。ネタじゃないんです!」と真剣な気持ちだったと説明。しかし、その後「こんなこと言ったら最低と思われるかもしれないんですけど、僕は矢口さんのことをヤ○マンだと思っていたんです。イケるかなと思っていた」と続け、矢口は「10人中10人がそう思っていますよ。でも違うんですよ!」と否定しながらも爆笑していた。


 そんな経緯があっての今回の共演。村本はかなり緊張していたそうで、「今日の出演者見たときも『矢口真里』って書いてたから、すごい気まずくて。恥ずかしくて。彼氏の人に殺されるんじゃないかと。彼氏に言いました?」と質問。矢口は「言っていないです」と即答し、その理由として「何度『みんなで行きましょう』って返しても『2人で行きましょう』ってくるからドッキリかと思った。ロンドンハーツかと思った」と、真剣に受け取っていなかったと改めて説明した。

現在の恋人とラブラブだという矢口。村本への可能性は「完全なるナシ」と断言し、憤った村本は「分かったわ!じゃあ加護ちゃん紹介してくれよ!」と絶叫。矢口は必死な村本に爆笑し、「いけないよ!もっと無理!円満なんだから!絶対NG!」「モー娘。は諦めましょう!」と拒否していた。

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス