最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「独身でマンションを買うと結婚できない」は本当?都市伝説の真偽は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


結婚する前に女性がマンションを購入すると、「結婚をあきらめたから家を買った」と勝手に思う人がいるせいなのか、「マンションを購入した独身女性は結婚できない」という俗説が、まことしやかにささやかれているようです。

そんな独身でのマンション購入と結婚事情を探る、ある調査を紹介しましょう。

◆住宅を購入した独身女性のうち4割が20代にお買い上げ

不動産関連の比較調査サイト「スマイスター」が、マンションや一戸建ての住宅を購入した経験のある20代以上の全国815人に行った調査によると、未婚で住宅購入をした人は男女計13%(106人)。女性は、購入者のうち19.4%が独身のときに買っていました。

さらに独身で買った男女106人に、購入時の年齢を聞くと、25歳未満が21.7%と最も多く、25~30歳未満も19.8%。これを独身女性だけで見ると、30歳未満で住宅購入している人が53.3%もいるのです。

独身女性で住宅を買った人のサンプルは数十人と少ないですが、そのうち半数以上が20代で買っていたことは、意外な結果ではないでしょうか。20代なら、たぶん「結婚をあきらめて」買ったわけではないですよね。

◆「独身でマンションを購入すると結婚できない」噂を8割が否定

では、気になる「独身でマンションを買うと結婚できない」説の真実はどうなるでしょうか? 独身で住宅購入をした男女106人に、現在の婚姻状態について聞いてみたところ、購入後に結婚した人は52.8%いることがわかりました。

また、スマイスターを利用した男女1280人に「独身でマンションを買うと結婚できない噂は本当と思いますか?」と質問したところ、「そう思わない」が70.8%、「ややそう思わない」が10.8%と、全体の8割がこの噂を否定しました。

都市伝説否定派から、「自分の資産なので有利だと思う」「購入はタイミングだから」「賃貸の家賃を払うなら購入したほうがいいと考えるしっかり者」「経済的にもゆとりがある証拠」といった意見が挙がっています。

◆結婚したら「そのまま住む」派が67.3%

ちなみに、結婚前に住宅を購入した人は、結婚したあとその住宅をどうしているのでしょうか。アンケート結果(サンプル49人)では、「そのまま住んだ」人が67.3%と最も多く、「賃貸に出した」人は16.3%で、売却に至った人はわずか4.1%しかいません。住宅購入が結婚の重荷になることは少なく、そのまま有効活用している人が多いことがわかります。

少ないサンプル数ながら、この結果から予想できるのは、「独身でマンションなどの住宅を購入すると結婚ができない」というのは、都市伝説らしいということ。

むしろ、自分の人生の将来設計をきちんと立てて、お金の管理もできるという意味で、女性にとってはメリットが大きいのかもしれません。「毎月の家賃がもったいない……」と思っているのなら、住宅購入を考えてみるのも良いかもしれませんね。

<調査概要>

■調査期間:2017年5月18日~6月13日

■調査手法:インターネット調査(任意でアンケートに回答)

■集計数:「スマイスター」を利用した20代以上の男女、全国1,280人

<TEXT/佐藤まきこ>


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス