最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松山ケンイチが側転&田中麗奈が妖艶に舞う! 『髑髏城の七人』新シーズン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の松山ケンイチが15日、東京・IHIステージアラウンド東京で行われた、舞台「ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 風 Produced by TBS」のフォトコールに、共演の向井理、田中麗奈、生瀬勝久らと登場した。

同作は劇団☆新感線による人気演目で、1990年の初演以来、7年ごとに上演されている代表作。今回は360°型の新劇場「IHIステージアラウンド東京」にて、2017年3月より1年3カ月のロングランを予定している。"花・鳥・風・月"の4シーズンに分け、すべて異なるキャスト、それぞれ全く違ったアプローチで上演する。

主人公の捨之介と敵役である天魔王の二役を演じることになった松山。ひょうたんをぶら下げながら、側転を取り入れたアクロバティックなアクションシーンを披露した。また、無界屋蘭兵衛役の向井も長髪をなびかせながら殺陣を披露した。

松山は「今回は新作ではなく、しかも同じ劇場で先輩方が演じているのを観ているので、緊張はそれほどせずにじっくり稽古に集中できています」と頼もしい様子。一人二役に「2幕がしんどいです」とぼやき、360°ステージについても「演じるより観る方が楽しいです、確実に」と語った。新感線作品には『蒼の乱』以来の出演となるが、「『蒼の乱』を観ていただいている方にはハッとする場面もあります」とアピールした。

向井は「身体のケアは気にしてやっていましたが、日々疲労が溜まっています」と過酷な舞台に挑む様子を明かす。「長丁場なので、より一層気をつけていきたいと思います」と意気込み、初参加となる新感線作品については「いのうえさんの、尽きないアイディアに驚きと楽しみを感じました」と語った。

極楽太夫役の田中は、「ハイスペックな人々が集まる学校に転校した気分……」と心境を吐露。「ステージでライトを浴びたりお客様の力で充電、発電するタイプなのでまだまだエネルギーは上がります」「私としては、極楽太夫の生き様を見せていきたい」と意気込んだ。生瀬も新感線初参加だが「いのうえシェイクスピア『鉈切り丸』に参加していたので、順調に出来ました」と振り返る。360°舞台に「動線が不安です」と語るが、「前の2作とは違った狸穴二郎衛門に仕上げました」と自信を見せた。

公演は9月15日~11月3日。前売り券は完売しているものの各回当日券を準備し、10月5日に全国76館の映画館でライブビューイングを予定している(12:30開演/18:00開演の2公演)。また“Season月”の上演を11月23日~2月21日、”Season極”の上演を2018年3月下旬より予定している。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス