最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

富士山で日本の守り神を見た!自衛隊火力演習から見る”憲法改正の必要性”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2017年8月26日、僕は静岡県御殿場市で行われた陸上自衛隊の火力演習を観覧しました。昨年の8月には夜間演習を一度閲覧したのですが、日中の演習を見学するのは初めてでした。入場者数は2万4千人と発表されました。

■神を感じさせる火力演習

演習は富士山の麓の山間部で実施されるため、美しい光景と澄んだ空気を吸いながら演習を観覧することが可能です。前回の夜間演習の際は夕暮れで赤く染まった、今回は朝霧に包まれた富士山を鑑賞しました。白い霧に包まれた富士山の姿はとても神々しく、「万物に神が宿る」という神道の教えを思い出しました。神の山の麓で「現代の日本の守り神」たる自衛隊が演習を行う。この事実に宗教的な意味合いすら感じます。

自衛隊の火力演習が大々的に一般公開されるのに対し、中国の人民解放軍の軍事演習はスパイによる偵察を防止するために完全非公開、しかも無人の砂漠で実施されます。人民解放軍は中国という国家のものではなく中国共産党が所持する私設軍隊にすぎません。そのため、天安門事件の時のように中国国民が中共政府に対し反乱を起こした際は、容赦なく弾圧、虐殺行為を行います。演習には自衛隊と人民解放軍の姿勢が明確に反映されています。

火力演習は午前8時30分に開始し、自衛隊の楽団による演奏終了後、いよいよ自衛隊が誇る装備品のお目見えです。輸送用ヘリコプター「CH−47チヌーク」は数十トンもの積載量を誇り、自動小銃で武装した自衛隊員のみならず、装甲車すら輸送可能です。戦闘ヘリ「AH−1アパッチ」は、高い攻撃能力を誇り誘導ミサイルによる対地攻撃で戦車すら撃墜可能です。その中でも最もインパクトが強いのは戦車です。旧型の74式、2017年現在最も多く配置されている90式、最新型の10式の砲弾が吐き出す轟音、衝撃波には文字通り圧倒されました。

今回の火力演習で特に印象に残ったのは、地対空、空対地誘導ミサイルの実演が長時間行われたことです。北朝鮮のミサイル発射実験がひんぱんに行われる昨今、目標を正確無比に撃墜する誘導ミサイルの開発は日本にとって一番重要な課題かもしれません。そして最新鋭の装備として水陸両用車、機動戦闘車が登場したのですが、これは尖閣諸島を人民解放軍が侵略した際の奪還作戦を想定して開発されたものではないでしょうか。

自衛隊は最新鋭の装備を数多く所持しています。加えて隊員の士気や操縦技術も高いため、その実力は相当なものです。しかし、現在の日本は憲法9条という「悪法」により、自ら自衛隊に大きな足かせをかけています。国外での戦闘行為を禁じる現行の憲法9条下では、拉致被害者を救出するために自衛隊員を北朝鮮に派遣するといったことすら不可能です。

現在、中国やロシアの航空機が連日のように日本の領空や領海を侵犯しているのですが、これを撃墜することすら実行できないのです。ちなみに2015年11月にロシアの戦闘機がトルコ領空を侵犯した際、ただちに撃墜されましたが、国際的にはトルコ側の行為が支持されました。

今、ロシアの第五世代のステルス戦闘機「PAK-FA」が就役後に「Su-57」と改名し、ロシア空軍に就役する秒読み段階です。対抗措置として、日本の完全国産ステルス機X-2・通称「心神」を性急に開発するべきだと思いますが、憲法9条の影響により日本企業の兵器開発制限など、さまざまな制約が生まれています。

地震、台風など災害が多い日本では、自衛隊にとって救助活動は防衛行為に匹敵する重要な任務となっています。大型輸送ヘリなど自衛隊が最新鋭の設備を数多く導入すれば、結果的に多くの人々を救助する可能性が高まります。

政府の公式発表によると福岡の豪雨災害時に、78350名の自衛隊員、169機の航空機、6990両の車両を派遣されました。今後、自衛隊はアメリカ製の輸送機「V−22オスプレイ」の装備を予定していますが、2016年の熊本地震の際、オスプレイがいち早く救援物資を被災者に届けたという実績があります。防衛費を増加し自衛隊の装備が向上することは人命救助につながります。

安倍晋三首相が計画する憲法改正の詳細に、9条に3項を加え、自衛隊の存在の根拠規定を明文化する狙いを持っていますが、根本的に憲法を書き換えない限り、自衛隊の存在そのものを否定する声は絶えないと思います。

日本で憲法改正が実施される際、第一歩は自衛隊の合法性を明記、最終的には自衛隊を「国防軍」に昇格させ、対外戦闘の権利、装備開発の自由化を認めるのです。そのようにすれば、自衛隊員の社会的地位はさらに上がり、人々の自衛隊に対する敬意の念も強いものとなるでしょう。

著者プロフィール



漫画家

孫向文

中華人民共和国浙江省杭州出身、漢族の33歳。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。その傍ら、独学で日本語を学び、日本の某漫画誌の新人賞も受賞する。新刊書籍『中国が絶対に日本に勝てない理由』(扶桑社)が発売中。


外部リンク(デイリーニュースオンライン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス