最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【アウトドアめし】煮込むだけ!スペアリブと野菜の赤ワイン煮込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残暑もおさまり、バーベキューやキャンプなどのアウトドアが気持ちいい季節がやってきました。
そこで今回はアウトドアにおススメの簡単で華やか、しかも美容に嬉しいおススメレシピを、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

スペアリブと野菜の赤ワイン煮込み

鉄鍋で煮込むだけ!スペアリブと野菜のワイン煮込み

アウトドア気分があがる肉料理といえばやっぱり骨付き肉! 入手しやすい豚スペアリブや、コクのあるラムスペアリブがおススメ!

スペアリブと野菜の赤ワイン煮込み

<材料>作りやすい分量(約2人分)

・豚スペアリブ(あればラムスペアリブ) 3~4本
・タマネギ(あれば赤タマネギ) 1/2個
・さつまいも(あればビーツ、じゃがいもでもOK) 小1個
・ローリエの葉 1枚
・塩 ひとつまみ
・オリーブオイル 小さじ1

-A- (マリネ液)

・赤ワイン 200ml
・濃口しょうゆ 大さじ1
・バルサミコ酢 大さじ1
・きび砂糖 小さじ1

<作り方>

1. タマネギは皮を剥いて芯を除き約1㎝幅にスライスする。Aを合わせてよく混ぜておく。
2. 食品用保存袋にA、スペアリブ、タマネギ、ローリエの葉を入れたら空気を抜いて密閉し、冷蔵庫でひと晩寝かせる。
※保存袋のままクーラーボックスに入れて持ち運び、調理前に常温に戻しておく。
3. ミニダッチオーブンなどの鉄鍋にオリーブオイルをひき、中火でスペアリブの両面に焦げ目が付くまで炒める。
(マリネ液はあとで使うので捨てないこと)
4. さつまいもは皮を剥いて約1㎝幅にスライスし、5分ほど水に漬けて余分なでんぷんを除く。
5. 残りのマリネ液、タマネギ、水気を切ったさつまいもを加えたら蓋をして弱火で約20分煮込む。
6. 塩で味を整えれば完成!

【料理のポイント】
・前日にマリネしておくことで、当日の調理がぐんとラクに!
・じゃがいもを使う場合は必ず芽を取り除くこと。
・「赤タマネギとビーツ」など野菜の色味を揃えると、フォトジェニックな仕上がりに!

【インナービューティーポイント】

・タマネギに含まれる「たんぱく質分解酵素」や「酢酸」でお肉が柔らかくなります。
また赤ワインは強い酸度で肉質を柔らかくするうえ、お肉の生臭さを消す働きも。
・赤ワインに豊富な「ポリフェノール」は、細胞老化を防ぐ抗酸化作用が高く、アンチエイジングや美肌作りに◎。
・ビーツには女性に不足しがちな鉄分が豊富です。
・ラム肉は脂肪の燃焼をサポートする「カルニチン」が豊富です。

前日にお肉を漬けこんでおけば、あとは鍋任せの簡単で華やかなおススメレシピ。残った煮汁に冷えたごはんを加えれば、おいしいリゾットに変身しますよ。ぜひ秋の行楽シーズンにお試しください。

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

【参考】
※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)
※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい 野菜の便利帳 (便利帳シリーズ)」(高橋書店)
※伊達友美/著(2010年)「食べる美女肌セラピー」(エクスナレッジ)

外部リンク(Life & Beauty Report)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス