最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

女性起業家、年商1億円超えまでの道のり「今も朝7時には仕事、終わりは夜寝オチするまで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女性の社会進出が進む今でも、日本における女性社長の割合はわずか7.69%(帝国データバンクより/2017年4月末データ)。海外と比べると極端に少ないのが現状だ。そんな中、イチから企業して年商1億円以上稼ぐ女性たちが日本にもいる。


(「株式会社ボーテクリエイト」代表取締役で心理カウンセラー・向井ゆきさん)

SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV)では、「起業して1億!ミリオンダラーレイディ」をテーマに、1億円以上もの年商を稼ぎ出す女性たちが赤裸々に語った。

▶︎9月16日(土)夜23時からは 「Wの悲喜劇again #5『酒で地獄をみたオンナ』」
(※放送時刻になったら通知でお知らせ! AbemaTVアプリ内の 番組表 から「通知を受け取る」がオススメです)
▶︎再放送は 9月17日(日)17時~
▶︎ 過去の「Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~」はAbemaビデオで無料視聴できます。

株式会社ボーテクリエイトの代表取締役で心理カウンセラーの 向井ゆきさん は、カウンセリングの仕事を起業して1年経っていない頃にすでに年商1億円を突破したと話す。しかし「あまり数字を追っていなかった」といい、仕事が大好きでひたすらやってきた結果だという。

専業主婦だった頃に起業したという向井さんは「私は仕事がしたくて離婚したんですけど、びっくりするくらいこの2年半仕事しかしていない」と言い、朝7時にはデスクに座り、夜寝オチするまで仕事をするというワーカーホリックぶりを語った。

(脱毛サロンや化粧品の企画・販売会社を経営している五位尾麻美さん)

一方で、脱毛サロン6店舗と化粧品の企画・販売会社を経営している 五位尾麻美さん は2014年に事業を立ち上げ、その次の3月の決算に際に年商1億2000万円を突破。しかし、1億円を超えたからといって満足はしなかったという。

五位尾さんは「次はこれをやって利益を出すってやらないといけないなって。焦りがあってなかなか喜ぶ気分にはなれなかった」と振り返り、「時代は流れていくのでトロトロしていたら負けちゃう」と話した。

(『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』番組MCのSHELLY)

起業3年目にして現在は年商5億円。MCのSHELLYから「自分にご褒美を買おうと思わなかった?」と問われると、「ものに執着がなくなって、お金を使うなら経験とか知識に使うほうが自分がパワーアップしていく。ブランドバッグを手に入れるよりは、海外に行って仕事を見つけてくる時間に使うほうが自分にとっては大切かなって思う」と答えた。

これを受け、日本最大級の法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」副編集長の山口紗貴子さんは「物欲から解放されるには稼げってことですね」とコメント。向井さんも「物を買うよりも満たされることを知っているので、そちらにお金を使いたくなる」とこれに同意した。

( AbemaTV /『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)

▶︎ 9月9日放送「起業して1億!ミリオンダラーレイディ」
▶︎ 次回は9月16日(土)夜23時から放送「酒で地獄をみたオンナ」 (※放送時刻になったら通知でお知らせ! AbemaTVアプリ内「通知を受け取る」がオススメです)

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス