最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

缶詰のプロ直伝! 料理下手でも10分で美味しく作れた缶詰クッキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツナ缶やコーン缶に代表される缶詰
  • それらを使って誰でもかんたんに一品料理が作れないか?
  • 大手缶詰会社のいなば食品さんに、オススメのレシピを教えてもらい、実際に作ってみた


ツナ缶やコーン缶など、料理の一素材としてのイメージが強い缶詰だが、実際は、焼き鳥や魚のかば焼き、アヒージョ、カレーなど、それだけでごはんのお供になるものがたくさんある。ただ、缶詰を開けてそのまま食べるのはなんだか味気ない。ということで今回は、10分以内でできる、缶詰を使った“かんたん一品料理”をご紹介。



今回ご協力いただいたのは、缶詰・レトルト食品の製造・販売を行っているいなば食品さん。缶詰料理を作るなら、その道のプロに聞くのが一番なので、同社オススメの缶詰レシピ教えてもらった。

そしてもうもう一人の協力者は編集部員K。ふだん料理をほとんどしないらしく、得意料理を尋ねると「クッ●ドゥのマーボー豆腐!」と返ってきた。

うーん、今回の企画に適任! 編集部員Kの家に突撃し、缶詰クッキングに挑戦させてみた。

かんたん缶詰レシピ1

酒の肴にばっちりのピリ辛和食


まず挑戦してもらったのは「ひと口さば 味付」を使った料理。この缶詰は醤油と砂糖で味付けされたさばの切り身が入っている。そのまま食べるには濃い目の味付けだが、今回のレシピの通りに調理してみると?

編集部員K「火をほとんど使わないんで、これならさすがにできそうです!」

いざ調理開始。



「さばと三つ葉のおろし和え」
材料:
いなば ひと口さば 味付 1缶
大根 5cm分(約250g)
みつば 40g(2~3束分)
すだち 1個分
さば缶の汁 大さじ1

調理の前に手洗いから。出来上がりに期待していないので、せめて食中毒には気をつけたい



大根は皮をむいてすりおろす。包丁を使いなれていない人にとって、ピーラーのありがたさは異常


すりおろした大根をザルにあげて水を切る。一人暮らしのくせにザルが大きくて写真が撮りづらい……


沸騰した湯に塩を少々。三つ葉を根本の方から入れ、約20秒茹でる。「茹でるのが面倒!」という人は、水を少しかけて電子レンジで加熱すればいいかも?


編集部員K「ここが一番の見せ場ですかね!」


冷水にとり、水気をある程度切ったら、約2cm幅にカット



ボールにさば缶の具、大根おろし、三つ葉を入れたあと、さば缶の汁(大さじ1)をかけて、ざっと和える。
だからいちいち調理器具がでかい……


器に盛りつけ、すだちをしぼれば完成! 編集部員K「いやー。思っていた通り簡単にできちゃいましたね!」

ということで実食タイム。大根おろしの水気が、さば缶の汁の濃さをうまく中和している。

編集部員K「ピリっとした大根の辛みがいいアクセントになってますね」

肴にぴったりで、和風の料理に仕上がっているので日本酒が合いそう。三つ葉を茹でる以外に火を使わず、料理下手でも安定した味になるのもポイント。これなら料理ができない人にとって家呑みの強い味方になる。

かんたん缶詰レシピ2

ジューシーそぼろのエスニック風卵焼き


1品目でうまい料理ができて、意気揚々の編集部員K。2品目は、今回最も期待している“いなばタイシリーズ”の一つである「とりそぼろとバジル缶」を使った卵焼きだ。

「卵焼きを作ったことはあまりないんですが、さっきYouTubeで勉強したんで大丈夫だと思います」

……不安しかない。



「とりそぼろバジルのエスニック卵焼き」
材料:
とりそぼろとバジル缶 1缶
青ネギ 3本
卵 2個
油 適宜

青ネギは小口切りに


青ネギは3本のはずだが。編集部員K「ネギ好きなんで多めに使いますね」。調子に乗ってレシピを無視しだすがそのままやらせることに


玉子焼き用フライパンに「とりそぼろとバジル缶」を汁ごと投入。缶詰の油が跳ねやすいので火傷に注意! ちなみに、玉子焼き用フライパンは関東と関西でかたちが違うって知ってました? 今回使ったのは関西仕様


水分が飛んだら青ネギを入れてさらに炒めて全体に広げる。やっぱりネギが多い気が……


水分を飛ばして、溶いた卵を分量の半分流し入れる


固まり始めたら端から巻いていく。編集部員K「ちょっと具が多いかも。うまく巻けない……」


編集部員K「……」


……完成?


はい、ではもう一回やりますねー(もう勤務時間外なんだが!)。
水分が飛んだら青ネギ(3本分)を入れてさらに炒めて全体に広げる


水分を飛ばして、溶いた卵を分量の半分流し入れる


固まり始めたら端から巻いていく



フライパンの空きスペースに残りの卵を流し入れ、さらに巻く


完成! ふだん料理をしない人なら合格点ではないだろうか!

見栄えはいまいちだが、細かい味付けが不要なので、卵さえうまく巻ければ味は抜群! そして、この缶詰は卵と相性がばっちりだった。いなば食品さん、さすがです。「とりそぼろとバジル缶」がスパイシーな味付けなので、肴としてはもちろん、お弁当のおかずにもオススメだ。

かんたん缶詰レシピ3

5分で完成! タイ香るカレーうどん




「たっぷりコーンのマイルドミルクうどん」
材料:
チキンとタイカレー(イエロー) 1缶
食塩無添加コーン缶 1缶
牛乳 1カップ
冷凍うどん 2玉
パクチー お好みで(なくてもOK)

今回最後に挑戦する料理は、またまた登場、“いなばのタイシリーズ”の「チキンとタイカレー(イエロー)」。いなば食品の担当者さん曰く「美味しい主食がすごく簡単に作れるレシピです」とのこと。料理下手クッキングの最後を飾るのに相応しい。





「チキンとタイカレー(イエロー)」、「食塩無添加コーン」、牛乳を鍋に入れて火にかける


冷凍うどんを表示にしたがって解凍しておく



鍋のスープが煮立ったら、解凍したうどんにかけて完成! お好みでパクチーを添えて

「チキンとタイカレー(イエロー)」のスパイシーさが、牛乳とコーンでかなりマイルドに。子どもでも食べられる味付けになったので、休日のお父さんの“得意エスニック料理”としても使える。そして、最大の長所は調理時間で、特段ツッコみどころなく5分もかからず完成した。

今回作ってみた料理はどれも、調理器具を多用することなく、素早く作れる料理ばかり。また、缶詰自体が食べ物として完成しているので、料理をするうえで最も大事だと言える味付けを気にする必要がない。これは、料理下手にとって最大のメリットと言える。

家での晩酌や休日の思い立ったとき、さっと作れる“お手軽缶詰料理”。ぜひお試しあれ。

いなば食品HP
http://www.inaba-foods.jp/
今回紹介した以外にもたくさんのレシピを公開中

関連記事 【たまには料理】子どもが喜ぶデコ鍋とは

【たまには料理】子どもが喜ぶデコ鍋とは


2016.12.23 12:05

燻製は300円あれば家で作れる

燻製は300円あれば家で作れる


2017.2.17 12:05

【冬に食べたいラーメン】牡蠣ラーメンの濃厚な風味編

【冬に食べたいラーメン】牡蠣ラーメンの濃厚な風味編


2017.1.27 12:05


Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス