最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

小出恵介の処分決定で業界内外からは恨みの声が噴出「前代未聞の不祥事俳優」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の小出恵介(33)が9月13日、17歳の女性を同席させて酒を飲ませるなどしていたことから書類送検された。小出恵介は5月にこの女性と、飲酒をはじめ不適切な交遊があったと報じられ、芸能活動を無期限休止としていた。

女性との間では示談が成立したいうことであったが、警察が当時の状況を調査した結果、午前4時にかけて大阪市内の飲食店に女性を同席させ、飲酒などをしていたことが発覚。これが府の青少年健全育成条例違反の疑いとなり、女性を呼び出した男や、酒を提供した店の経営者とともに書類送検に至った。警察によると、小出は「落ち着いた雰囲気だったので、女性が17歳には見えなかった」などと話しているという。

今回の件について、小出の所属事務所は「検察の判断を見守りたい」とコメントしている。事態によっては小出が事務所を解雇される可能性もでてきそうだ。さらに、こうした状況を受けて、一部ではファンや関係者から写真週刊誌『フライデー』(講談社)や女性に向けてのバッシングが発生するのではないかと言われているのだという。

「とくに今回女性は、小出に直接トラブルの示談金としてかなり高額な金額を要求していたとも言われています。また、女性は取材に来た『フライデー』の記者からも、謝礼金として金銭を受け取っているという話もある。もちろん小出の行為にも非がありますが、関係者からすると、この女性のやっていることもどうなのかという声も強い。小出からお金を受け取り、さらに週刊誌に暴露し、俳優生命をも追いやった悪女と捉えている人物も少なくない」(芸能記者)

6月に発売された『女性セブン』(小学館)では、最終的に女性は小出から1000万円の示談金を用意されたと伝えている。小出のファンからすると、心中複雑であることには変わりないだろう。

■人気ドラマを使えず頭を抱えるテレビ各局

また、一連の小出の件を受けて、NHKは放送中止となったドラマについて、小出の所属事務所と損害賠償請求を含む協議を行っていることを明らかにしている。

「とくに小出はここ数年、おもにNHKをはじめWOWWOWなどのドラマをメインに出演していました。自身にとって主戦場であったことはもちろんですが、NHKとしても期待値の高い存在だったため多く起用していたようです。彼に関連するコンテンツが全て使えなくなってしまうため、賠償請求は当然の結果。前代未聞の不祥事俳優になってしまいました」(前出・芸能記者)

こうした小出の出演ドラマにまつわる悩みはNHKだけに限らず、民放各局でも頭を抱えているのだという。

「民放各局でも、これまで小出が出演してきたドラマの再放送が流せなくなるため、同じ状況に陥っていることでしょう。小出の主演作品には、『ごくせん』(日本テレビ)、『のだめカンタービレ』(フジテレビ)、『ROOKIES』(TBS系)、『JIN-仁-』(TBS系)と人気ドラマが多く、再放送を流してもある程度数字が取れそうなものがたくさんあります。劇場版になっている作品も多いため、それも合わせて今後は検討することになるでしょうね」(同・記者)

事務所でも金銭的な対応に追われると同時に、“ポスト小出”を輩出するための対応にも追われることになりそうだ。
文・佐々木浩司(ささき・こうじ)
※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

外部リンク(デイリーニュースオンライン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス