最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『ブレードランナー』短編アニメ制作! 渡辺信一郎が"空白の30年間"描く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SF映画の金字塔と言われるリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』(1982年)と、続編『ブレードランナー 2049』(10月27日公開)の"空白の30年間"を埋める短編アニメの制作が決定。そのエピソードの一つを、『カウボーイビバップ』、『アニマトリックス』などを手掛けた渡辺信一郎監督が担当することがこのほど、明らかになった。

前作から本作の舞台"2049年"に至るまでの空白の30年間──人造人間レプリカントを追う捜査官"ブレードランナー"のデッカードが姿を消した後の世界では、レプリカントは寿命を持たないよう改良された。しかし2022年、アメリカ西海岸で原因不明の大規模停電が発生し、食物は供給がストップ。世界中がそれを“レプリカントが原因”と非難したことで、レプリカントの製造は法令で禁止された。

そんな中、この世界のピンチを救ったのが、科学者ウォレス(ジャレッド・レト)だった。彼は人工農法によって食糧難を解決するあらたなエコシステムを開発。さらに、以前レプリカントを製造していたタイレル社を買い取り、ウォレスは新型レプリカントの製造を始め、“レプリカント禁止法”の廃止を実現させた。

2022年の大停電=“ブラックアウト 2022” ――そのとき、一体何が起こったのか? その“前奏”をひとつの作品として描くため、渡辺監督は『ブレードランナー 2049』の制作スタジオである Alcon Entertainment からオファー受け、短編アニメーション「ブレードランナー ブラックアウト 2022」を制作することが決定した。

このたび同アニメの予告映像が公開され、渡辺監督の「アニメ版を制作するにあたり気を付けたのは、『ブレードランナー』に最大限のリスペクトを払うこと」とのコメントとともに、渡辺監督の描く世界が一部お披露目された。同アニメは、9月26日にお披露目される予定だ。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス