最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

病気で手放した猫に2年ぶりに飼い主の声を聞かせる⇒ 涙腺崩壊の結果に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉で暮らす大野さんは自身の病気のため、2年前にやむなく飼い猫のくうちゃんを手放したという。

今は仙台で暮らしているくうちゃんだが、10歳になるシニア猫だ。

カルカンでは長寿を祝う“敬老の日”を記念して、『シニア猫と飼い主の絆』をテーマに検証ムービーを作成した。

子猫の頃から一緒に過ごした大野さんの声を、くうちゃんは果たして聞き分ける事ができるのであろうか?

 

 

画像出典:YouTube(カルカン公式チャンネル)

猫は「3年の恩を3日で忘れる」というが・・・

画像出典:YouTube(カルカン公式チャンネル)

果たして飼い主の声を覚えているのだろうか。

画像出典:YouTube(カルカン公式チャンネル)

3人の他人の声を聞かせてみるが、いずれも無反応・・・。

画像出典:YouTube(カルカン公式チャンネル)

元飼い主の大野さんの声が聞こえた瞬間、反応が! 耳を立ててしっかり聞いている!

画像出典:YouTube(カルカン公式チャンネル)

2年ぶりのご対面! くうちゃんの表情が全てを物語る。

大野さんも覚えていてくれて、さぞ嬉しかったことだろう。

飼い猫と飼い主の絆は、確かに存在したと証明する素敵なムービーである。

この動画を見た人からは「くうちゃんが振り向いた瞬間、涙ぶわってなった。」「ちょっと・・・あれ・・・ 泣いちゃう(´;д;`)」「すごく心があったかくなった。」「しっかり記憶に残ってるんだなぁ」「あかんこれは泣く」などのコメントが寄せられ、涙腺崩壊する人が続出している。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(カルカン公式チャンネル)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


外部リンク(ViRATES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス