最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“結婚できない男”今田耕司に教えたい「外見が玄人、内面は素人」というオンナの正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「食べることが好きな人がいいね」今田耕司
『おしゃれイズム』(日本テレビ系、9月10日)

人気男性芸能人の「結婚したいのに、できないネタ」ほど白々しいものはないと私は思っているが、彼らが実際にどんな生活をしているかは別として、視聴者にウケる「結婚できないネタ」にはコツがある。大前提として、売れていることが必要だが、人格のクセが強すぎないこと、そこそこ恋愛していることだろう。結婚できない理由が「人格が破たんしているから」とか「オンナ遊びがすごすぎる」というのはNGだ。

そういう意味で言うと、今田耕司は「結婚したいのに、できないネタ」がハマるタイプだと思う。テレビ上の人格にクセはないし、私生活では潔癖症という点も、視聴者を面白がらせる“ネタ”に昇華している。『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)にて、「飲んで帰ってきても、掃除と洗濯は欠かさない」「後輩や彼女が洗い物をしても、自分でもう一度洗い直す」「家政婦を雇ったけれど、掃除する場所がないくらにきれいで驚かせた」といったエピソードを披露し、「みなさん、気持ち悪いでしょ?」と笑われてみせた。潔癖症売りをする芸能人は、「自分が普通」と言い張るものだが、この「他人から見てオカシイ感じ」が理解できなければ、笑いにならない。同じことが、結婚できない売りにも言えるのではないか。

今田も、時が来ればサラっと結婚するだろうが、2014年放送の『芸人報道』(同)で本人が掲げた結婚の条件39箇条は、私にとって面白かった。挙げた条件は以下のとおり。

1.身長163センチ以上/2.年齢28歳以下/3.日本人もしくはハーフもしくはロシア人/4.美人/5.肌がキレいで薄化粧/6.脚がキレい/7.カカトがキレい/8.歯と歯茎がキレい/9.手がキレイ/10.    手を握ったときにしっくりくる/11.やせすぎていない/12.頭皮のニオイがしっくりくる/13.明るい/14.キレい好きで少し大ざっぱ/15.子ども好き/16.運動神経が良い/17.車の運転ができる/18.箸の持ち方がきれい/19.肌にしっとり感がある/20.少食でない/21.お酒が好き/22.よく遊ぶ所が、西麻布や六本木ではない/23.クラブが好きじゃない/24.映画が好き/25.ファッションに興味がある/26.ハワイが好きすぎない/27.占い・風水にはまりすぎていない/28.今までの交際人数が、嘘でもいいから5人以内/29.売れてる芸能人とつきあったことがない/30.タトゥーを入れている男友達が多くない/31.タダで海外旅行に行ったことがない/32.ハリウッド関係者とご飯を食べたことがない/33.帰省する田舎がある/34.両親と仲が良い/35.お母さんが今田に否定的でない/36.部屋にペーパークラフトがない/37.動物が好きすぎない/38.AVを買うのを止めない/39.今田が出演した番組に、意見を言わない

テレビでの発言を本気にしてもしょうがないが、これらの条件は、今田が面倒くさい認定されるのに十分な量と質である。

今田の理想の相手は、「両親に可愛がられ、きちんとした躾を受けて育った地方出身者」で、「特に化粧などをしなくても美人で、体のパーツもきれい、よく食べるがスタイルはいい」「お酒が好きだけれど、六本木や西麻布といった繁華街で遊んだり、ガラの悪い男友達はいない」「芸能人や業界関係者と交流がなく、まちがっても枕営業なんてしない人」……とまとめることができるだろう。

39の条件の中に、女性の職業については言及されていないものの、芸能人か、芸能人と知り合える特殊なコネを持っている女性を想定していることがよくわかる。キレイであることは絶対条件だが、ハリウッド関係者と食事をしたり、タダで海外旅行に行くという芸能人利権や芸能人的営業をしない人。人より前に出てナンボの芸能界で、そんな消極的では売れないだろう。ご両親がどっさり仕送りをしてくれるなら別だが、地方出身の、ビッグネームとは言い難い女性芸能人の生活は、そんなに余裕があるものではないと予想がつく。誰か応援してくれる人がいないと、もしくは時給の高いアルバイトをしないとしんどいだろうが、今田の考えはそこまで及ばない。外見はお金が稼げる玄人レベル、内面は業界の汚れを知らない強い貞操観念を持った素人っぽい女性を探しているようだ。

時は流れて、2017年。9月10日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した今田は、またしても「結婚したいのに、できないネタ」を披露する。今田の後輩であるナインティナイン・岡村隆史に、「人の見ていないところを見ている」「(顔やスタイルは良くても)『あの娘のハンカチ汚かったで』みたいに」と暴露されていた。岡村いわく、今田はその“汚いハンカチ”から、「家が汚いということは、トイレも汚い」といった具合に連想し、「裏側を見つけてしまう」のだそうだ。“内面を暴こうとする”視点には、外見のいい玄人タイプの女性は好きだけれど、玄人的な内面は嫌いという矛盾や葛藤を抱えているように感じられる。

そんな今田は、結婚したい女性のタイプとして、ハーフであることと共に「食べることが好きな人がいいね」を挙げた。食べることが好きな人であれば、おいしいものを食べた時にいいリアクションをしてくれるという意味での発言だったが、いいリアクションは、感動から生まれるというより、ごちそうしてくれる目上の人に対する敬意として発せられるものではないか。となると、接客業のように「お客さんが上」かつ「金を使ってくれた人を喜ばせる」関係を何度も経験して、場数を踏んでいる女性こそ、それができるわけだ。つまり、リアクションのいい女性は、今田の嫌いな内面が玄人、もしくは玄人的センスを持っているということだろう。

「外見が玄人、内面は素人」な女性を探すのは難しい。しかし、そういう女性を“完璧に演じられる人”なら、案外いると思う。なぜなら、素人っぽく振る舞えるのは、玄人が何たるかを知った人でないと無理だからである(家事手伝い、元モデルという触れ込みのロンブー淳夫人も元キャバクラ嬢だった)。今田と結婚したい接客業の女性は、チャンスありなのでぜひ頑張ってほしい。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)、最新刊は『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス