最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ただの「優しい子」は、彼の心をつかむことはできない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「優しい」これだけじゃ、好きにはならないことはみなさんもご存知と思います。「優しい」に、プラスαの要素が乗っかって初めて、特別な感情が生まれるものですよね。

気になる男子から、「優しいね」と言われて複雑な気持ちになったことがある人はぜひ読み進めてください。

10~20代男子に「優しさに加わるとグッとくるもの」について聞いてみましたよ。

■1.大事なときに優しい
「優しさは、量より質だと思うな。日常的な優しさっていうのは、ようは、まさしく日常的すぎて、いくら積み重なっても刺さらないんだと思う。逆に、辛いときとか、本当に優しさが必要なときの優しさは、ズブッと刺さる」(教員/24歳)

ようは、別に優しくしてもらってももらわなくても、正直どっちでもいーやーみたいなタイミングで優しくしても、「ああ、優しいね」で終わりなわけです。

ただ、その男子が本当に優しくしてほしがってるタイミング(失恋等)に折良く巡り会えるかは、けっこう運の要素が強いです。そこに居合わせられるように、アンテナを張るほかないのかな。

■2.自分の優しさに疑問符
「『私って、優しいだけなんだよねー』と、自分の優しさをコンプレックスとして考えてる人は、なんか引き寄せられる。なんか、刺激的な毒を持っていそうで。『だってみんなに優しくした方がみんな幸せじゃーん』みたいな平和ボケな人よりはよっぽど」(公務員/26歳)

なるほど。こういう人の意外な一面に接すると、なんかすごくハッとさせられますよね。その人のいい意味での「ただならぬ」感がにじみ出ます。優しいけど、そこには色んな思いがあるような。「優しいね」と言われたら、「優しいだけだよ」とポソリこぼしましょう。

■3.ときに優しくない
「たまには、優しくなくて、むしろ厳しさとかを見せると、そのギャップにドキッとするととともに、いつもの優しさがよりありがたく感じられる」(大学生/21歳)

デレからのツンみたいな感じですかね。いつも気さくに話しかけてくれる仲のいい女子が、ある日ふと冷たかったりすると、「あれ。」なんて思ってしまうそうで。

「優しいね」に対して「いつも優しくしてあげると思うなよっ」なんて言ったら、かわいいかもしれません。

■4.見返りを求めてしまう
「優しさが、仮に打算的なものだとしても、別に性格悪いなんて思わないし、むしろ、自分への好意から出たものなんだって思って、喜びすら感じると思うけどな」(フリーター/19歳)

好きになってほしいから優しくしてるんだとしても、それは相手からすればむしろ嬉しいもの。てか、「誰に対しても優しい。だから自分にも優しい」なんて、全然嬉しくないんですよね。そもそも。

「別に私、優しくないしそんないい人じゃないよ。優しくしてるのは……」なんて思わぬカミングアウトを聞きたい男子は多いと思いますよ。

■おわりに
「優しい」なんて恋愛ではプラマイゼロな評価。好きな男子からこれを言われちゃうなんて、むしろ恥だと思って(恥は言い過ぎですが)、それをどんな風にアレンジしたら、プラスに転がっていくかを考えてみましょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス