最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

東山紀之、父親として心境に変化 子どもたちとの会話明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【東山紀之/モデルプレス=9月14日】俳優の東山紀之が14日、東京・六本木のテレビ朝日本社で行われたニュース情報番組「サンデーLIVE!!」(10月1日より毎週日曜あさ5:50~)の記者会見に、テレビ朝日の小木逸平アナウンサー、林美桜アナウンサー、ABCのヒロド歩美アナウンサー、メ~テレの濱田隼アナウンサーとともに出席した。

◆東山紀之、朝の顔に抜擢



同番組で初めてキャスターに挑戦することになった東山は、「僕を情報番組のキャスターという形で迎えていただいたテレビ朝日の皆さんの勇気に大変感謝していますし、その勇気に応えるべく頑張っていくつもりです」と挨拶。「まさに51歳、初めてのチャレンジになりますが、いい年を迎えられるよう、この5人で頑張っていきたいと思います」と気合いを入れた。

日ごろからニュースなどを見て疑問に思うことはあるのか尋ねられると、「とくに趣味がない男なんですけど、どういう報道のされ方をしているのか、皆さんのどういう観点が生きているのかというのをいろいろ観ておりまして、新聞もそういう風に観ていました」と明かし、「テレビを見ている方も疑問に思うことがあると思うので、いま僕が感じる疑問を様々なコメンテーターの方に聞いていこうと思っています」と語った。

さらに、様々な経験を積み重ねていく中で、ものの見方が変わったりするのか聞かれると「やはり自分が親になったことが大きくて、子どもも『何で、何で』という質問が多いので、そういう疑問に答えられる大人でいたいなと。この子たちにどう説明したらいいか、自分の口で伝えたいなという思いが強くなってきました」と父の顔を覗かせ、「番組を通して、同じ世代の年代の方や、親になっている方も同じようなことを思っていると思うので、そういうことを共通認識として伝えていきたいなと思います」と胸の内を明かした。

◆意気込みを語る



また、「(番組があさの)5時50分からだって聞いて、何時に起きればいいのかなって…。決めた後に恐ろしさを感じたんですけど、俳優をやっていても朝早いときもありますし、そういう意味では時間的な心配はそんなにしていませんけど」と言い、朝はどんな目覚め方をしているのか聞かれると「僕は起きたらすぐに腹筋をするので。すぐ目が覚めますから。ほぼ変態なんですけどね」とコメントして笑いを誘った。

さらに、放送開始を半月後に控えた現在の心境を尋ねられると、「もっと緊張すると思ったんですけど、意外と穏やかな気持ちでいます」と言い、さらに「(今年入社の新人アナウンサーの)林さんを見ているうちに、自分の緊張も解けてきますね」とニッコリ。

これに、緊張で終始ガチガチの林アナは「いつもテレビで拝見していた方と共演できることが信じられなかったんですけど、今日、初めてお会いして、ますます信じられないという気持ちでいっぱいです。これからたくさんを学ばせていただけたらなと思っています」とさらに顔を強張らせており、東山は「頑張りましょうね!」と優しい口調でエールを送った。

最後に、意気込みを求められた東山は「今回こういう形をとらせていただくことになりまして、いろんな方から意見をすでにいただいております。“なぜ彼が…”というものもずいぶんあるんですけど、番組をゆっくりと成長させて、日曜の朝にお茶の間の皆さんに、“だから彼なんだ!”と思われるように、これから頑張っていくつもりです。皆さんの期待と、子どもたちの思いを持って、真摯に取り組んでいきますので、ぜひ応援のほど、よろしくお願いいたします」と意気込みを語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス