最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“マッチングサイト”で彼氏をゲットした女性の成功体験談【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近マッチングサイトでの恋活や婚活が流行していますよね。「とりあえず登録だけしてみた」なんて人も多いのでは? でも顔が見えないやり取りだからこそ、カップル成立まではなかなかハードな道のりなよう……。そこで今回は「マッチングサイトで彼氏をゲットした女性の成功体験談」を、前編後編に分けてお送りします! ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. 写真はいろんなものをたくさん

「最初はプロフィール画像を1枚だけ載せていたんですけど、全然いいねがこなかった。ためしにサブ画像を何枚も登録してみたら、1日に5件はいいねがもらえるようになりました」(27歳/販売)

▽ やっぱり最初に目がいくのって画像ですよね。もちろん1枚でも十分なのですが、ほかの写真もあったほうがより雰囲気はつかみやすいもの。真顔や笑顔、旅行に行った時の写真など、さまざまな表情のものをサブ画像に設定しておきましょう! たくさんの男性からいいねがもらえれば、そこから自分の好みの男性を見つけることができるはずですよ。

2. コミュニティにも必ず入る

「女子って相手の年収や職種ばかりを見がちだけど、男性って案外趣味が合うかとかを重要視してたりするんですよね。なので男性ウケしそうなコミュニティに入っておくことは大切だと思います」(28歳/事務)

▽ 「別にコミュニティなんて入らなくてよくない?」なんて考えはNG! コミュニティから飛んできてくれて、いいねをくれる男性って意外と多いみたいですよ。また相手の趣味がわかれば、男性だって会話ネタに困らないはず。自分の興味のあるコミュニティには積極的に入るようにしましょう。

3. おおまかな行動範囲を記載する

「プロフィール文に『新宿や表参道に行くことが多いです!』って書いたら、その周辺に住んでいたり遊びに行く男性からいいねをもらう機会が増えました。初デートにもすんなりこぎつけやすかったですよ」(26歳/派遣)

▽ いくら同じ都道府県に住んでいても、行動範囲が全く違うとメッセージも続かずそのままフェードアウトされてしまいます。そんな無駄なやり取りを防ぐためにも、あらかじめ大まかな行動範囲を書いておくのは良い方法かも。「新宿なら俺もよく行くし、仕事終わりに1回会ってみたいな」と男性に思ってもらいやすくなるでしょう。ただし自分の住んでいる地域まで細かく書いてしまうと、のちにトラブルに発展してしまう場合も。あくまでお買い物や遊びに行く場所程度にとどめておきましょう。

やはりプロフィールを具体的にするだけで、男性からもいいねをもらいやすくなるみたいですね。マッチングサイトから彼氏を作りたい場合には、まずはプロフィールに凝ってみるようにしましょう。では、後半に続きます!

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス