最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

日本の伝統を救え。29歳女性社長が、子ども向け雑貨で挑戦する新たな取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本には数多くの伝統産業が存在し、「匠の技」ともいわれる職人芸は、国内のみならず世界中から高い評価を受けています。

しかし、職人たちの高齢化や少子化などによる後継者不足は深刻で、伝統産業の象徴といえる京都市でも、6割近くが後継者不足に悩んでいるといいます。

そんな日本の伝統産業を活気づけようとする弱冠29歳の女性社長の奮闘が、IBMのWebメディアMugendai(無限大)にて紹介されていました。

社名の由来は「ごま和え」から。伝統産業と子どもをかけ合わせた新ブランド


0から6歳の伝統ブランドaeru」は、伝統産業と子どもを掛け合わせる、という新しい発想で立ち上げられたブランド。代表的な商品である「こぼしくにくいコップ」は、青森県の「津軽塗り」、福岡県の「小石原焼」、沖縄県の「琉球ガラス」など古くから使われる素材を原材料としつつ、形状にこだわることで、手の小さな赤ちゃんや子どもでも落としにくいという機能性を実現しています。
170911_mugendai_2
Image : Mugendai(無限大)

この事業を展開する、株式会社和えるの代表は弱冠29歳の女性社長矢島里佳さん。会社は、矢島さんがまだ大学生だった2011年春に「日本の伝統産業を次世代につなぐこと」を目的として立ち上げられました。ちなみに「和える」という特徴的な名前は、ほうれん草などの「ごま和え」から来ているのだそうです。

急がば回れ。伝統産業を元気にする仕組み作りこそが重要


日本の伝統文化を残すため、若い力による挑戦はとても素晴らしいことです。しかし、後継者不足という問題が顕在化し始めたのは昨日今日の話ではありません。その解決の困難さは矢島さんも感じているようで、インタビューでは以下のように語っています。

伝統産業を元気にする「即効薬」は簡単には見つからないというのが、私の考えです。急がば回れ。多少時間がかかったとしても、丁寧にお伝えし、一人でも多くの方に知っていただける仕組みを作ることが大切です。
170911_mugendai_3
Image : Mugendai(無限大)

ほかにもMugendai(無限大)では、最終目的を利益に置かないという経営方針、経済と文化の両輪で社会を発展させるべきといった、矢島さんの独自の考え方にも触れられます。ご興味のある方は、ぜひ続きをお楽しみください。

Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

外部リンク(ライフハッカー[日本版])

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス