最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

宮迫の“狩野イジリ”に批判続出「お前が言うな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 9月7日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、謹慎中だった狩野英孝(35)が出演、地上波のテレビ番組に復帰した。番組中、MCを務める雨上がり決死隊宮迫博之(47)が狩野の謹慎を“イジる”場面があり、視聴者から批判を浴びているようだ。

この日の放送では、同じ芸能事務所になぜか似たタイプが集まるという“同類芸人”を特集。マセキ芸能社の狩野は、同じ事務所の出川哲朗(53)、お笑いコンビ三四郎の小宮浩信(34)とともに、同類の「ポンコツ芸人」として登場した。番組開始早々、宮迫は「マセキのポンコツ3人組」と彼らを紹介すると、「あ、真ん中の方、明けましておめでとうございます」と、いきなり謹慎明けの狩野をイジった。

狩野は、今年1月に未成年との交際が発覚して謹慎。この日は、久しぶりの地上波テレビへの出演となった。狩野は、宮迫のイジリを受け、「お騒がせしてすいませんでした」と素直に謝罪していた。

しかし、当の宮迫も、今年8月『週刊文春』(文藝春秋)に不倫疑惑が報じられたばかり。今回の『アメトーーク!』が、疑惑報道前に収録された可能性もあるが、同じようにスキャンダルを抱えた宮迫による“狩野イジリ”には、多くの視聴者が違和感を持ったようだ。ネットには「平然と狩野をイジる宮迫の姿に違和感」「これは“おまえが言うな”案件でしょ」「宮迫さんも一回謹慎したほうが良いのでは?」「この発言のせいで宮迫の株がさらに暴落するだろうなぁ」と、厳しいコメントが相次いだ。

「宮迫は、自分の出演番組で不倫疑惑を“ネタ”にしています。9月3日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した際は、フットボールアワーの後藤輝基(43)から“宮迫さん、なんで下向いてるんですか?”という言葉に、“ネット見ろ”と、渡部建(44)のおなじみのフレーズで返答したり、“白か黒で言うと?”という質問に“ダークグレー”と答えて、スタジオの笑いを誘っていました。仕事なので笑いにするしかないんですが、それでもやはり視聴者からは批判が上がっていましたね」(芸能誌ライター)――宮迫博之が許される日はいつになる?


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス