最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

新ドラマ『陸王』竹内涼真のユニフォーム姿が「かっこよすぎる」と絶賛の嵐!早くもファンはヒートアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

10月スタートの新ドラマ『陸王』(TBS系)の公式Twitterが、13日と14日にドラマに出演する若手俳優の竹内涼真さんの写真を公開。大きな反響を呼んでいます。


竹内さん演じる「茂木裕人」は、陸上部のランナーの役で13日のツイッターではクランクインを報告。ユニフォーム姿の竹内さんにファンからは「かっこよすぎる」「うわっユニホーム最強に似合う」「こーゆーの待ってましたー*\(^o^)/*」「涼真くんの走る姿早くみたい」など歓喜の声が広がっています。

また、14日にはこんな写真を投稿。


今回は「真剣な眼差しで話を聞いている相手は…近々発表」とのコメントの通り、ユニフォーム姿で真剣な表情を見せた竹内さん。 連日の竹内ファンにはたまらないショットの投稿に「一緒に走りたい!茂木くーーーん!」「さわやか~!щ(゜▽゜щ)涼真くんlove」「まなざしが本当に惚れ惚れする…ステキ…はぅー。。。バタッ」などファンのボルテージはどんどん上がっています。

竹内さんといえば、麦野初(ハジメ)役で出演していたドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、主演:高畑充希)の放送が13日に終了したばかり。人気ドラマだっただけに「ハジメロス」になってしまった竹内さんのファンの方も、また新たな竹内涼真さんで癒やされてみてはいかがでしょうか。

10月から放送、ドラマ『陸王』とは


ストーリーと竹内さんの役は、
池井戸潤原作の『陸王』は、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、会社の存続をかけてランニングシューズの開発へ挑む姿を描く。寺尾は、「陸王」の完成にかかせない素材を作る飯山産業の元社長・飯山晴之に扮し、こはぜ屋が大手スポーツメーカーのアトランティス社と戦う際に、重要な役割を果たす。 竹内演じる茂木裕人は、学生時代に箱根駅伝5区を走った有力選手で、実業団「ダイワ食品」期待の新人だったが、国際マラソンで膝を痛めてしまうという役どころ。その原因が走法によるものと判明し、フォーム改良に取り組む中で、こはぜ屋のランニングシューズ「陸王」に出会うという、「陸王」開発の最重要人物となる。(※竹内涼真、『陸王』で“開発”のキーパーソンに!/クランクイン! より)
となっています。

10月のスタート前から早くも話題となっているTBS日曜劇場「陸王」。スタートまで待ち切れないファンはドラマ公式ツイッターやインスタグラムを覗いてみてはいかがでしょうか。

※本記事内のTwitterなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス