最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

廣瀬智紀、名塚佳織が実写映画『爪先の宇宙』に出演へ  桐嶋ノドカと北村諒の姿をとらえた場面写真も解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年公開の映画『爪先の宇宙』に、廣瀬智紀と名塚佳織が出演していることが明らかになった。

『爪先の宇宙』は、マンガアプリ・comicoで連載中のManni原作による同名コミックの実写映画化作品。高校時代に親友の放った一言で心を閉ざしてしまった主人公・吉河亜紀が小さなカラオケボックスで出会った仲間と過ごす日常を通して描かれる物語だ。亜紀役として桐嶋ノドカ、不思議な魅力を持つバイト先の仲間・アンジ役で北村諒がW主演でキャスティングされている。
店長・ユウ役で出演する廣瀬智紀 (C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico
店長・ユウ役で出演する廣瀬智紀 (C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico
しおり役の名塚佳織 (C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico
しおり役の名塚佳織 (C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico

映画『HiGH&LOW』シリーズのWhite Rascals(ホワイトラスカルズ)マルコ役や、劇団☆新感線の舞台『髑髏城の七人 Season月』で知られる廣瀬智紀は、『爪先の宇宙』に優しくて少しお節介な店長・ユウ役で登場。『交響詩篇エウレカセブン』のエウレカ役声優で知られる名塚佳織は、ユウの元カノでラジオパーソナリティーのしおり役で出演する。

廣瀬、名塚のコメントは以下のとおり。

廣瀬智紀

廣瀬智紀
廣瀬智紀

この爪先の宇宙の綺麗な水彩感のあるタッチに、 リアルな人間の感情が入り交じっている、 かわいくていとしくてもどかしくて、 でもどこか心地のいい世界観にとても癒されます。 それを実写化して映像でどう表現できているかが僕自身も楽しみです。 僕の演じさせて頂いている店長は、 飄々としていて、 人たらしで、 でもとても繊細で、 演じさせていただきとても幸せでした。 実際に店長が生きていたら、 こんな感じかな~と谷内田監督たちと擦り合わせつつ作っていったので、 楽しみにして頂けたら幸いです。 よろしくお願いします。

名塚佳織

名塚佳織
名塚佳織

映像出演のお話しをいただけることはほとんど無いので驚きましたが嬉しかったです。
とは言え、 お引き受けしてから撮影が始まるまでは不安もいっぱいで…
ですが、 優しいスタッフ&クルーの皆様、 素敵なキャスト陣に囲まれて、 楽しみながら演じさせていただきました。 女性らしい儚さと強い心を持った彼女を見守っていただけますと幸いです。 原作同様、 柔らかくほっこりするような作品になっているんじゃないかなと思います。 楽しみにしていてください。

また、亜紀役・桐嶋ノドカとアンジ役・北村諒の姿をとらえた場面写真も公開されている。
左から、亜紀役・桐嶋ノドカ、アンジ役・北村諒 (C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico
左から、亜紀役・桐嶋ノドカ、アンジ役・北村諒 (C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico

映画『爪先の宇宙』は2018年公開。

作品情報
映画『爪先の宇宙』
桐嶋ノドカ 北村 諒
加村真美 美沙玲奈 名塚佳織 / 廣瀬智紀
原作:manni「爪先の宇宙」(comico)
監督:谷内田彰久
製作:「爪先の宇宙」製作委員会
制作プロダクション:BroadMarks Inc. CINE-C
(C)「爪先の宇宙」製作委員会・manni/comico

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス